• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2013年の日本を漢字で表すと?

2012年12月28日

マーケティング実務家が予測する、2013年の日本

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 マーケティング実務家のNPOであるMCEI東京支部は、同大阪支部と共同で実施したアンケート調査の結果を発表した。2013年の日本を予測して漢字1文字で表してもらったところ、トップ4は「変・滞・志・光」となった。

 調査では、148人の回答者から約100種類の漢字が寄せられた。挙げられた漢字を字義および付記されたコメントにもとづいて分析したところ、2013年を「ポジティブ」にとらえたものが50%、「ネガティブ」に捉えたものは15%にとどまった。「ポジティブ」と「ニュートラル」(35%)を合わせると、マーケティング実務家の8割以上は来年の展望を決して暗いものとは考えていないことが分かった。

 上位4文字について代表的なコメントをまとめると、「変」は「社会・会社・流通のあり方や構造の変化が必要」との考えを表し、「滞」には「世の中全体は、決めない/決められないという状況が続くが、マーケティングの世界はそれを打破する」との思いが込められている。「志」については「企業はビジョンを明確にし、消費者に志を伝える努力をしなければならない」、「光」では「復興が着実に進み、皆が明るい未来を描けるような年になれば良い」といったコメントが寄せられた。

 MCEI東京は4文字をあえて漢文風に「滞りを変え、光を志す」と読み、「現状をより良く変えるため、停滞の中にあっても、しっかり志を持ち、光り輝きたい」との思いが集約されていると解釈した。

 そのほか少数回答の中には、「誕」(“絆”や“つながり”が細胞分裂を起こし、iPS細胞のように何かが生まれる年)、「質」(各企業とも売上・収益の低下が問題視されているが本当に低下したのは質であり、質を高めるために行動したい)などがあった。また、「暴」(政治家をはじめさまざまな人たちが、解決困難な領土問題や新市場挑戦の良し悪しを巡って暴れる年になりそう)とする皮肉な意見も寄せられた。

■関連情報
・MCEI東京のWebサイト https://ssl.mceitokyo.org/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ