• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

愛すべき動物たちの“孤高”と“絆”の姿

2012年12月27日

おひとりさまとグループ、どちらがお好み?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

外国の珍しい景色や、印象深い風景、生命力あふれる動物の姿──たった1枚でも、私たちの目を奪う写真があります。写真が見せてくれる世界は、文章よりも、映像よりも、多くを語ることも。写真にひそむ物語を想像するのは楽しいものです。「何が写っているの?」「なぜそこに○○がいるの?」「こんな場所、地球にあるの?」そんなふうに楽しみながら、でも肩の力は抜いて、写真を眺める時間をとってみませんか。

「いつも一緒」な動物たち

何かをじーーっと見つめる動物たち。計12個の目に見つめられると、何だか「ごめんなさい、もうこれ以上見ないでください」と謝りたくなってしまいます……。

上:くつろぐ雄ライオン。ボツワナ、オカバンゴ・デルタ。(c) BEVERLY JOUBERT/ National Geographic Stock 下:朝日を浴びてたたずむエランド。ボツワナ、セロウェ。(c) VINCENT GRAFHORST/ FN/ MINDEN PICTURES/ National Geographic Stock

「シャーーーーーーッッ!!」と威嚇するゲラダヒヒ。「あら、そんなに怒らなくてもいいじゃない」とでも言いたげに悠然と構えるカンガルー。……ではありません。2つの写真に関連性はないのですが、それぞれの動物の会話が聞こえてきそうな2枚です。

上:歯をむきだしてみせる、ゲラダヒヒの雌。エチオピア。 (c) MICHAEL NICHOLS/ National Geographic Stock 下:くつろぐアカカンガルー。オーストラリア。 (c) KONRAD WOTHE/ MINDEN PICTURES/ National Geographic Stock

人間も動物も親子はいいものです。大中小ときれいに並ぶ家族についつい笑みがこぼれてしまいそう。「絆」が大切にされている今だからこそ、しんみりくる写真です。

上:ハクチョウの一家。米国マサチューセッツ州。 (c) RICHARD SEELEY/National Geographic My Shot/National Geographic Stock 下:親キリンと子どもたち。ケニア。 (c) TIM FITZHARRIS/ MINDEN PICTURES/National Geographic Stock

『1、2、3』

思わす「いち、に、さん!」と声に出したくなるような、動物たちの生き生きとした姿をとらえた写真集。リズムのよさに思わず微笑んでしまうかも。

ナショジオストア amazon

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ