[画像のタップで拡大表示]

 貝印と竜の子プロダクション(タツノコプロ)が全国の男女466人を対象に実施したオンラインアンケート調査の結果によると、今年最も輝いたと思う日本人は、1位が女子レスリング選手の「吉田沙保里」(39.1%)、2位が京都大学教授の「山中伸弥」(35.6%)で、それぞれ回答者の3割以上が支持した。

 吉田沙保里さんは、今夏のロンドンオリンピック大会で3大会連続となる金メダルを獲得し、9月の世界選手権において前人未到の世界大会13連覇を果たして国民栄誉賞にも選ばれた。山中伸弥さんは、iPS細胞の研究でノーベル生理学・医学賞を獲得したことに加え、ユーモアを交えて気さくに語る人柄が多くの共感を呼んでいるようだ。

 ロンドンオリンピックで体操個人総合金メダルに輝いた「内村航平」が3位に続き、女子サッカーの中心的選手である「澤穂希」が5位、メジャーリーガーの「ダルビッシュ有」が6位、プレミアリーグで活躍する「香川真司」が8位、女子卓球選手「福原愛」が9位、女子柔道選手「松本薫」が10位と、トップ10のうち7人をスポーツ選手が占めた。

 多くの人が「○○だぜぇ」のセリフを真似て一躍人気者となり、「ワイルドだろぉ」が流行語大賞に選ばれたタレントの「スギちゃん」は4位だった。また7位には「自分・家族」が入っており、特に30歳代から50歳代で子供や夫を挙げる人が多く見られた。

■関連情報
・貝印のWebサイト www.kai-group.com/
・タツノコプロのWebサイト www.tatsunoko.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント