• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

末吉里花さん フェアトレードの現場を訪問

2012年11月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 フェアトレードブランド、ピープル・ツリーのワンピースとの出会いがきっかけで、フェアトレードに関わってから早5年が経ちました。様々な活動のお手伝いをする中で、どうしても実現したかったのが、生産者を訪問することでした。その念願が叶ったのが、バングラデシュを訪ねることができた2010年3月。そして今年の9月末、2年振りに再びフェアトレード生産者を訪ねることができました。

 今回私が訪ねたのは、ネパールはカトマンズ地区にあるクムベシュワール・テクニカル・スクール(KTS)というフェアトレード生産者団体でした。今まで取材で50カ国以上、中でもたくさんの途上国を訪ねましたが、ネパールは初めてでした。空港から街の中心を車で抜けるのも一苦労。交通ルールもない道を真っ黒な排気ガスを出しながら走るおびただしい数の車、その間をすり抜けるバイク、牛、犬、人…崩れかけたビルや積み上げられたゴミの山々。私が今まで訪ねた途上国の中でも、最もインフラが整っておらず、混沌とした世界で、これはまた大変なところに来てしまったというのが第一印象でした。

 中心街から車で走ること30分。喧騒から少し離れたクムベシュワールという街にKTSはありました。この地に降り立って特に目をひいたのが、古くからある荘厳なお寺、色鮮やかなサリーを着こなす美しい女性たち、制服を着て元気に闊歩する子どもたち、新鮮な野菜や果物、手作りのお供え物を売り買いする人々。それらを見た瞬間、この街は生きている、と直感しました。人々が毎日を丁寧に暮らしている、そんな雰囲気が伝わってきたのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ