• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

11月12日まで!「正倉院展」必見の宝物とは

2012年10月31日

人気書家が語る「正倉院展~今年見ておきたい宝物」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
木下さんの書をあしらったポスター(写真提供/読売新聞社)

 大和路の秋の風物詩「正倉院展」(特別協力/読売新聞社)が、11月12日まで奈良国立博物館で開かれている。

 64回を数える今年のポスター(読売新聞社版)では、目玉となる宝物の写真の隣の、書家・木下真理子さんによる一文字書がひときわ目を引く。個々の宝物からインスピレーションを得て、筆を執ったという。

 正倉院の宝物は1250余年前、光明皇后が聖武天皇の遺愛の品を東大寺に献納したことに端を発するが、書家として、同じ女性として皇后に共感を覚えるという木下さんに、展覧会の見どころを伺った。

    *      *      *      *      *      *

――今回は出展されていませんが、正倉院には光明皇后の手とされる、『楽毅論』『杜家立成』の臨書がありますね。

木下:王羲之(おうぎし)の書を手本にしたといわれますが、筆致は力強く、迫力があります。ただ、だからといって光明皇后が男勝りだったとか、行が揺れているのは自由奔放さの証しなどと決めつけるのは少し飛躍があるかな、と。

銅薫炉(どうのくんろ)
径24.2cm。転がっても中の灰がこぼれない仕掛けに。

――では、木下さんご自身は、臨書から、どんな光明皇后像をイメージしていましたか。

木下:光明皇后は民間出身初の皇后で、幼名を安宿媛(あすかべひめ)といい、藤原氏の家系です。幼い頃から聡明で、母君の影響で深く仏教に帰依していたそうですが、一方、幼なじみで同い年の聖武天皇は、生来体が弱く、精神的にもナイーブ。「私が支えて差し上げなければ」という母性的なものや、強い意志を感じますね。

――出展作品のなかでも「銅薫炉」(どうのくんろ)は、光明皇后のイメージに重なるところがあるとか。

木下:光明皇后は、今日のボランティアの先駆け的な存在で、行動力もありました。孤児や貧民を救済する一方、病で苦しむ人には無料で治療を行う施薬院を創設しています。正倉院には皇后が納めた薬の目録も残っています。薫炉はお香を焚(た)くのに使う器ですが、当時は「香薬」と表現されるほど、お香と薬とは近い関係にあったようです。

瑠璃坏(るりのつき)
口径8.6cm 総高11.2cm。今回の公開は18年ぶりとなる。

――メインのポスターに使われている「瑠璃坏」(るりのつき)も必見ですね。

木下:ガラスの容器がペルシャ、脚の部分は中国の唐か朝鮮半島で7世紀頃に作られたという説があります。シルクロードの両端の地の文化が融合して一つの坏となり、時の流れに風化されることなく極めてよい保存状態で今、日本にある。世界でも類を見ないことだそうです。光明皇后も目にしたはずのガラスの鮮やかな発色や台座の緻密な文様を、存分に堪能したいですね。

◆第64回正倉院展==================
開催場所:奈良国立博物館(奈良市登大路町50番地)
電話:050・5542・8600(ハローダイヤル)
期間:~11月12日
開館時間:9~18時(金土日祝~19時)※入館は閉館の30分前まで
     開催期間中は無休
入館料:一般1000円
===========================

木下真理子さん
木下真理子さん
書家。雅号は木下秀翠。中国・日本古来の伝統芸術としての書道を探求。淡路島 古事記編纂1300年記念事業、ルミネ新宿 リニューアルキャンペーン広告の題字なども手がけている。公式HP⇒こちら
書では異種の文化が融合した瑠璃坏の華やかさを表現。
銅薫炉の、人々を癒やした、古代の神聖な香を表した書。

『日経おとなのOFF』(12月号)より

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ