• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

コーヒー+ウォーキングで脂肪燃焼

2012年10月3日

脂肪燃焼効果を高める歩き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 脂肪をしっかり燃焼させるために、手軽に実践できそうなのがウオーキング。ただし「漫然と歩くだけでは脂肪燃焼効果は得られにくい。歩くときに必要な筋肉がしっかりと刺激されてこそ、血液やリンパ液を押し出す筋肉本来のポンプ機能が発揮され、脂肪が燃えやすい状態になる」と、首都大学東京健康福祉学部理学療法学科の竹井仁教授は話す。

 自分は正しく筋肉を使うことができているか、日ごろの歩き方を振り返ってみよう。「手を体の前側だけで振り、歩幅も小さい“たらたら歩き”をしている人が多い。このような人は姿勢を正しく支える腹筋や背筋が衰えているので、頭から前に出すような歩き方になってしまう」と竹井教授。日ごろけっこう歩いているのに、なかなか体に変化がない、という人は、歩き方を根本から見直してみよう。

 竹井教授は、脂肪燃焼効果を高めるために意識したいポイントとして、(1)胸から前に出す意識で進む(2)腕はひじを伸ばして大きく後ろに引く(3)歩幅を大きくする、の三つを挙げる。「ひじを後ろに引いて歩幅を大きくすると、背骨を中心にクロスの力がかかり、お腹や背中、ヒップ、内ももなどの引き締め効果が高められる。体の使い方を意識して歩くことによって、通勤時の10~15分ほどでも代謝アップ効果が得られるはず」と竹井教授はアドバイスする。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ