• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

妊婦姿で登場、米国・ヤフーの新女性CEO

2012年9月20日

もうすぐ産休の米・ヤフー 新CEO、マリッサ・メイヤー氏。周りの反応は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 米・サンフランシスコで開催された情報技術(IT)カンファレスに、米ヤフーの新CEO(最高経営責任者)、マリッサ・メイヤー氏(37歳)が妊婦姿で登場した。

10月に出産を控え、大きなお腹で登場した米ヤフー新CEO、マリッサ・メイヤー氏。

 同女氏は、もと米グーグルの最高幹部の一人で、女性エンジニアから少人数の幹部で構成されるグーグル経営委員会のメンバーにまで上り詰めた人物だ。1999年に創業間もないグーグルに20番目の社員として入社、ネット検索、地図、位置情報サービスなどの技術開発や、新製品、新サービスの開発に関わってきた。近年は、記者会見や新製品発表会などのイベントに登場し、グーグルのスポークスパーソン的な役目も務めていた。

 その同氏を、経営再建中の米ヤフーが、CEOに大抜擢する形で起用。今後数年間で5900万ドル(約46億円)以上という巨額の報酬総額で、2012年7月17日にヤフーCEOに就任した。

 現在、同氏は10月に初めての出産を控える妊婦で、産休も数週間取る予定である。妊娠しながら1万2500人の社員を抱える大手企業のCEOを務める女性というのは、あまり聞いたことのない話だ。女性CEOというだけでもまだ少ないところに加え、その上、妊娠しながら注目企業のCEOを務められるとは、日米の会社経営を巡る環境の違い、社会的違い、仕事と子育て両立の仕方等について考えさせられる。

 ちなみに米ヤフーは老舗ネット企業だが、昨今は業績低迷が続いており、同氏採用は、会社立て直しを期待されてのものだ。その重責を念頭に置きつつも、米メディアによると、ヤフーCEO人選委員会では、妊娠中の女性をCEOに迎え入れることに対して懸念の声は上がらなかったとのことだ。新規採用は、あくまでも育児休暇取得を事前に受け入れての会社の決断だ。

 メディアに対しても、同氏は移籍時点で妊娠の事実をあらかじめ伝えていたこともあり、企業経営と出産・育児をどう両立していくか疑問視する声はさほど聞かれない。それより、山積みの経営課題をどう解決していくのか、経営手腕を今後、客観的に見極めていこうという見方が、概ね主流のように見受けられる。

堀田有利江(Yurie Horita)=ジャーナリスト

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ