• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ドライアイは老け顔のもと?

2012年9月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ジョンソン・エンド・ジョンソンが実施した調査結果から、ドライアイは疲れている印象を与えるだけでなく、老け顔やブサイク顔に見える可能性があることが分かった。

 目の健康に関する意識調査で、目の乾燥や充血といった症状がその人の見た目の印象に影響を与えると思うか尋ねたところ、86.5%が「そう思う」あるいは「ややそう思う」と答えた。目が辛そうにしている人を見たときに、どのような印象を受けるか聞いてみると、「疲れている印象」(75.0%)が最も多く、次いで「機嫌が悪そうに見える」(38.3%)だった。そのほか「老けて見える」(22.3%)、「ブサイク顔になっている」(16.8%)といった意見も多かった。

 パソコンや携帯電話などディスプレイを備えた機器(VDT:Visual Display Terminals)を使った作業はドライアイの要因の1つと言われているが、VDT作業が1日4時間以上ある人は62.5%で、作業時間が少ない人より目の不快な症状を感じやすい。作業中に「目の乾燥感」があるという人はVDT作業が4時間以上の場合は70.2%、4時間未満の人では56.9%だった。「画面の見え方が低下している」と感じる割合はVDT作業4時間以上の人では64.8%、4時間未満では53.7%だった。

 また、目の乾燥感が軽減されたらVDT作業の効率が上がると思うか尋ねると、76.0%が「そう思う」「ややそう思う」と答えている。

 調査は、週に4―5日以上使い捨てコンタクトレンズ利用している20歳代から40歳代の男女716人を対象に実施した。

■関連情報
・ジョンソン・エンド・ジョンソンのWebサイト www.jnj.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ