• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

現場をリアルに伝える「仕事図鑑」が続々

2012年9月13日

「総合商社」の仕事内容もイラストで図解

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

大人も楽しめる、イラストで描かれた図鑑がヒットしている(「おじさん」「僧侶」「文学少女」…“一般人

図鑑”はなぜブレイクした?)。共通するのが、テーマが仕事で、働く人々の様子を臨場感あふれる構図と、

ユーモアを感じさせるイラストで描いていることだ。これまでは、電車の運転士や宇宙飛行士といった子供に

人気の職業を解説するものが多かったが、8月には、大人でもなかなか一言では説明できない総合商社の複合

的な仕事を描いた『総合商社図鑑』も発売された。

総合商社の仕事をわかりやすいイラストで

 紀伊国屋や丸善など、都内の書店12店舗に大型ポスターが貼られ注目されたのが、三井物産の監修で8月10日に発売された『総合商社図鑑』。

 総合商社というと、大人であってもなかなかその仕事の全貌は理解しにくいもの。ところがこの図鑑は、総合商社の多岐にわたる仕事を、総合的に理解できるようになっている。読者対象は中学生なので、文章は読みやすく、小学校4年生の基準でルビがふられているので小学生でも読むことができる。ビジネスの現場をリアルに知っているだけに、大人にとってもわかりやすい。また、就職活動中の学生にとっても参考になりそうだ。

 はたしてどのように、総合商社の仕事を説明しているのだろう。

 冒頭に登場するのは、スペイン郊外で動き出した太陽熱発電所。太陽光発電(メガソーラー)と異なる太陽熱発電の仕組みを紹介しながら、このプロジェクトで総合商社がどのような役割をはたしているか解説している。次いで紹介されるのは、太陽の恵みで育った植物から合成樹脂や洗剤などの化学品を作るグリーンケミカル。また、食品として大豆の生産、集荷、販売を手がけるアグリビジネスを取り上げ、そうした食材がコンビニエンス・ストアのお弁当に加工され、各店舗まで届けられる様子を描く。身近なところで、総合商社が活躍していることが具体的にわかる仕組みだ。

監修/三井物産、イラスト/青山邦彦、発売/日経BPコンサルティング

 さらに、それらを作るためのエネルギーとして、サハリンでの原油や天然ガス開発を紹介。多岐に渡るプロジェクトに総合商社のさまざまな知見(営業だけでなく、マーケティングや財務を担当するファイナンス、物流を手がけるロジスティクス、法務によるリスクマネジメント、IT・プロセス構築など)が結集し、ビジネスの現場で活かされていることを説明している。そのほか、カシミヤの輸入からはじまった中国・モンゴルでの石炭・電力・冶金・化学品などの循環型経済産業チェーンや、鉄の鋼材加工サービスから自動車販売まで手がける総合商社のグローバルなビジネス展開が語られ、製品を作るだけのメーカーと異なる多岐にわたる役割が、パッと絵を見て理解できる、これまでにない仕事図鑑となっている。

三井物産広報部編集制作室 岡野喜子室長
三井物産広報部編集制作室 岡野喜子室長

 図鑑を監修した三井物産広報部編集制作室 岡野喜子室長によると、企画の目的は「総合商社の役割を伝えること」だという。「総合商社という名称は聞いたことがあっても、どのような仕事をしているのか、意外と知らない方が多いのではないでしょうか。石油や天然ガスの開発から太陽熱発電、そしてコンビニエンスストアのお弁当まで、私たちの生活のいろいろな場面で、総合商社が関わっています。イラスト図鑑にすることで、そうしたさまざまな項目を、1つのシーンにまとめて描き込むことができ、総合商社が果たす役割の全体像を、わかりやすく伝えることができたのでは、と考えています」(岡野氏)。

 旧三井物産は、日本における総合商社第1号。その歴史や、社内の様子も描かれている。1枚のイラストにおさまるようにアレンジされてはいるが、海外からの来客を案内したり、カフェテリアでひと休みする人々など、普段は見られない余所の会社の中を覗き見るような楽しさも。

 作者の青山邦彦氏が、実際に三井物産の社員を取材したり、社内をくまなく歩き回って、そうした様子をイラストに描写したという。

 三井物産特有の緑色の封筒を手にした背広姿のサラリーマンがたくさん描かれているので、こんな場所にもいた、と探す遊びも。ちなみに、どの人物もモデルとなった本人に「似ていると評判」なのだとか。図鑑で使われたイラストは、実際の三井物産ビルの地下の電飾にも活用され、親しみやすいコーポレート広告としても展開中だ。

 「挑戦と創造」というテーマで、さまざまなプロジェクトを展開中の三井物産。イラスト図鑑で、認知を高めてもらうという創造的な広告展開に挑戦したというわけだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ