• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本史でハーバードを熱くさせた日本人女性

2012年9月3日

『ハーバード白熱日本史教室』著者が語る、「キャリアの軌跡」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

『ハーバード白熱日本史教室』。若き32歳の歴史学者、北川智子さんの初著書は3日間で増刷になり、歴史書としては異例のベストセラー。アメリカ屈指の名門・ハーバード大学で、受講生がたった2人という時期もあったという不人気講座「日本史」に、就任2年目には100人以上の学生を集め、さらに3年目には250人を超える“白熱教室”に押し上げた。爽やかな笑顔がまぶしすぎる北川さんの「キャリアの軌跡」と「歴史の授業」について伺った。

“巡り合い”に身を任せてハーバードの先生に

北川智子さん
1980年福岡県生まれ。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業。同大学院でアジア研究の修士課程を修了後、プリンストン大学で博士号を取得。2009年にハーバード大学東アジア学部カレッジ・フェロー。3年目にはレクチャラーとして「日本史教室」を人気講座に押し上げた。専門は日本中世史と中世数学史。2012年7月からは、英国ニーダム研究所を研究・執筆の拠点とし、講演や講義で世界中をめぐっている。

 29歳の若さで、ハーバード大学の教壇に立った北川さん。そのキャリア設計は、戦略的というより、「巡り合い」を大事にして、自然と積み上げられてきたもの。北川さん自身「その時々でやってみようと思ったことをやっているうちに、自然の流れで今の自分に行き着いた」と屈託なく話す。そもそも“歴史学”の研究者になったことですら、自らの強い意志を貫いた結果ではなく、“自然の流れ”なのだと言う。

 福岡県の進学校を卒業後、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学に進学。数学とライフサイエンス、比較政治学を学んだ。カナダの大学に留学したのは、「高校時代にホームステイしたとき、景色の素晴らしさに感激して、ここで学びたいと思ったから」。高校時代から理数系で、歴史を好きだと思ったこともなかったのに、大学院では歴史学専攻と、本人ですら予想外の方向転換をしたのは、アルバイトで日本史の教授のリサーチアシスタントをしていたのがきっかけだった。

「リサーチアシスタントの仕事のほとんどは、過去の人が書いた日記などの史料と、学者の論文の研究テーマを黙々と読むことでした。両方を読み比べるうちに、だんだん歴史研究の中に何かが抜けているような漠然としたオカシさを感じ始めました。その思いを教授に伝えたところ、大学院でぜひ研究してみないかと誘われたんです」。当時、将来のキャリア設計がまだくっきりしていなかった北川さんは教授の誘いに乗ることにした。

 そして、大学院に進学する前の夏休み、たまたまアイビーリーグに憧れて参加した“ハーバード大学のサマーセミナー”によって、大きな転機がもたらされた。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ