• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【追悼】山本美香さんインタビュー

2012年8月22日

戦地に生きる女性の思いを伝え続けたジャーナリスト人生

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

2012年8月20日、取材中のシリアで銃撃を受け死亡した山本美香さん。日経ウーマンは、2003年にインタビュー取材をするとともに、2004年にはその年に最も活躍した女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」のキャリアクリエイト部門に山本さんを選出していました。今回は、日経ウーマン2003年8月号から山本さんのインタビュー記事を掲載します。

危険を冒しても伝えたい思いを持つ人がいる。
それを受け取ったら伝える責任があるんです

 イラク戦争の中、バグダッド市のホテルへの米軍の砲撃で、ロイターの記者が死ぬという衝撃的な事件があった。その時に、手を血だらけにしながら、倒れた記者を助けようとしていた女性を覚えているだろうか? それが、空爆の第一波をバグダッドからリポートした山本美香さんだ。

「戦争取材は経験していても、進行形で人が死んでいくのを見るのは初めて。血だらけで泣いている私に、後から来た人が『防弾チョッキを着なさい』と言ってくれて、初めて『そんなに危険だったんだ』と気付きました。部屋に飛び込んだ時点から、取材者ではなく当事者になっちゃったんですね。あの時は衝撃があった瞬間、カメラを持って部屋を飛び出していた。よく思い出すと、ふと、『あ、カメラ回さなきゃ』って思った瞬間もあるんですよ。片手で助けながら、片手で撮りたいという、2つの心があって。でも結局カメラは投げていましたね。後から自分の映像を見て、『あんな声を出していたんだ』と思った。とにかく、『どういうことなの、この事態は』って怒りまくっていたんです。それは被害にあった人たちが見せる、ぶつけどころのない怒りと一緒なんです」

 ウガンダ、コソボ、アフガン、アチェと戦地取材のベテラン佐藤和孝さんと一緒に活動してきたが、「身の危険を一番感じた」のが今回のバグダッド取材だという。

「ホテルにいても建物の揺れがすごい。水もいつ出るのかわからない。情報省に監視されているので、こんな中で市民はどうしているのか、知りたいけれど自由に取材に出ることができないんです。目を盗んで、隙間から盗み撮りしたり、フラストレーションのたまる取材でしたね。カメラを当局に没収されたこともあった。髪を振り乱して騒ぎながら、あのテープは諦めてこっちのテープは入れ替えて持ち帰ろうって陰でやっている。手が震えてうまくいかないもんです(笑)。向こうも『女が泣いてるよ』ってちょっと同情してくれますけど」

 戦場では女性であることの危険はどうしても付いて回る。自分の意識はどうであれ、相手は女性は女性として見る。だが、得なことも多い。イスラム女性の素顔を見るチャンスもたくさんあるからだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ