• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ネットで最も注目されたオリンピック選手は誰?

2012年8月16日

オリンピック選手のネット視聴者数ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日本ブランド戦略研究所は、英ロンドンで開催された夏季オリンピック大会出場選手のネット視聴者数ランキングを発表した。それによると、オリンピック期間中にオンラインで最も閲覧された選手は卓球の福原愛さん(推定視聴者数は237万5000人)だった。

 福原選手は、3度目のオリンピック挑戦で悲願の銀メダルを獲得し、卓球男女個人および団体を通じて日本で初めてのメダル獲得に貢献した。

 2位は、女子200メートル平泳ぎで銀メダル、女子100メートル平泳ぎと女子メドレーリレーで銅メダルに輝いた鈴木聡美さん(推定視聴者数は180万4000人)だった。3位には、男子体操個人総合で金メダル、種目別と団体で銀メダルと活躍した内村航平さん(同169万8000人)が続いた。

 4位以下は、水泳の北島康介さん(推定視聴者数は150万5000人)、サッカーの吉田麻也さん(同138万9000人)、体操の田中理恵さん(同137万5000人)、柔道の松本薫さん(同133万9000人)、卓球の石川佳純さん(同130万9000人)、柔道の海老沼匡さん(同120万6000人)、レスリングの吉田沙保里さん(同116万1000人)となった。

 福原選手と内村選手のデータをもとに、視聴の多い選手の特徴を分析したところ、メダル獲得が決まった翌日に視聴者数が大幅に増えているほか、メダル確定前後も常に視聴者がいることが分かった。また1日に複数回、関連サイトにアクセスする視聴者が多く、特に福原選手と内村選手は1日4回以上視聴する“ファン”が1万人を超える。さらに、新しい関連サイトが作成され続けていることも、視聴率が高い要因の1つと考えられる。

■関連情報
・日本ブランド戦略研究所のWebサイト japanbrand.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ