• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

朝の身支度、最短何分でできる?

2012年7月30日

平均時間は男性「15分」、女性「20分」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 シチズン時計が運営するWEBマガジン「リアルスケール」がまとめた時間に関する意識調査の結果によると、朝の身支度にかかる時間は男性の平均が54分、女性の平均が70分だった。最短の身支度時間は全体平均が17分で、3分以内という強者は3.0%あった。

 全国の男女3397人に、朝起きてから出かけるまでの時間を尋ねたところ、全体の平均は「60分」だった。平均より短い「30―40分程度」以内で身支度を済ませる人の割合は、男性が42.3%であるのに対し、女性は24.5%。一方、平均より長い「1時間30分程度」以上かかる人の割合は、女性では46.0%と半数近くにのぼる。

 最短何分で身支度が可能か聞いてみると、男性の平均は「15分」、女性の平均は「20分」と大きな差は付かなかった。しかし女性は32.1%が「30―40分程度」「50―60分程度」と答えており、3人に1人はどんなに急いでも30分以上かかってしまうようだ。

 短時間で身支度を済ませるための工夫には、「髪は濡れた状態でセットして、家を出た後、走りながら乾かす」(男性)、「歯磨きと洗顔を済ませてから化粧は電車の中でする」(女性)などさまざまな意見があった。また最短で身支度したときの失敗談として「スカートのチャックを閉め忘れ、電車内で男性に知らされて大恥をかいた」(女性)、「携帯電話だと思っていたら、リモコンを持って出かけていた」(男性)といったエピソードも寄せられた。

 たとえ時間がない朝でも省略できない身支度を聞くと、男性は「朝食」(18.9%)と「歯磨き」(18.7)がトップ2に挙げられ、3位以下に「洗顔」(12.3%)、「整髪」(10.9%)と続いた。一方女性は「化粧」(26.0%)がダントツの首位で、2位に「歯磨き」(17.5%)、3位に「洗顔」(16.8%)となり、「朝食」(13.3%)は4位だった。女性にとっては「ごはんを食べなくても、スッピンは無理」というくらい化粧が欠かせない身支度であることが窺える。

■関連情報 ・シチズン時計のWebサイト citizen.jp/
・リアルスケールのWebサイト www.realscale.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ