• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

森崎友紀「驚きのヘルシー生大根レシピ」

2012年7月13日

80種類も生大根メニューが!人気の「生大根ダイエット」レシピ本

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 テレビやラジオ、雑誌などで大活躍中の料理研究家・森崎友紀さん。レシピ本も数多く出されていますが、今回の最新刊は、80種にも及ぶ生大根のレシピを集めた『もっとおいしく、生大根ダイエット~酵素のパワーで、「すっきり!」「キレイに!」』(小学館)。生の大根で、こんなにレシピができるんですね!デザートまであるとは、驚きです。

 そこで、森崎さんに、生大根という食材の魅力、選び方や使い方のコツ、そして厳選レシピを教えていただきました。生大根が身体にいいとはわかっていても、辛味が苦手であまり食べられない、大根おろしとサラダくらいしか思いつかない……といったあなたにオススメです!ぜひ試してみてくださいね。

森崎 友紀(もりさき ゆき)さん
1979年12月29日、大阪生まれ。管理栄養士、製菓衛生師、中医薬膳指導員、野菜ソムリエ、食品衛生管理者の資格を持つ。卒業後は、総合病院や小学校の管理栄養士として経験を積む。現在は料理研究家として、料理教室「UNITY MAGENTA」主宰。雑誌「MORE」「CIRCUS」「TVガイド」にて料理連載の他、各メディアでも活躍中。「コンビニ食堂営業中」(KKベストセラーズ)、「森崎友紀の野菜ごはん&スープBOOK」(主婦の友社)など、著書多数。写真の着用エプロンは「森崎友紀×キッチングラムコラボエプロン」(アモリコ 渋谷ヒカリエ ShinQs店)。

――生大根だけで80ものレシピ、すごいですね! どうやってこんなに考案されたのでしょうか?

 大根が身体にいいことはわかっていても、「どう食べるか」となると、サラダか大根おろしくらいしか思い浮かばないのではないでしょうか。でも、毎日だと飽きますよね。なので、いかに手を加えておいしくするか、どうやったら飽きないかを考えましたね。

 飽きなくさせるポイントは、切り方にバリエーションをつけて食感を変化させること、あとフルーツなど、生のほかの食材を合わせること。フルーツだとパパイヤや柿、パイナップル、マンゴーなどが合うんですよ。さっぱりします。くどい甘味ではないフルーツがよく合います。パパイヤはカロリーが低いのに甘みがあるし栄養素も繊維もたっぷり。ドライフルーツなどで上手に取り入れてほしいですね。

――なるほど。ジュースやドレッシングも紹介されていますね。

 あと常備菜もたくさん紹介しています。大根に含まれる酵素って冷凍すると死んでしまうんですね。かといって生で置いておくと腐ってしまう。そこで酢を使って日持ちをさせるといいんですよ。ピクルスにしたり漬けたりすることで日持ちしますし、これからの季節にぴったりだと思います。

 こんなふうに使っていくと、1本すぐに食べてしまえますよ。半分で常備菜を2種類くらい作って、あと半分をジュースにしたりメインにしたり。ジュースはいまグリーンスムージーなんかも流行っていますし、簡単で、火を使わないので節電にもなるし、暑い夏場の調理にはオススメですね。

――生大根という食材の魅力を教えてください。

 価格が安く、年中手に入りますし、カロリーも低い。その上、食べごたえもありますよね。生だとなおさら。ダイエットにはピッタリ。それに味が淡白な分、実はデザートにも向くんです。味を邪魔しないというか、なににでも化けてくれるので。辛味以外は本当に扱いやすい食材です。

――確かに、大根は生だと辛みが強いですね。

 はい。そうなんです。本書で紹介しているレシピでは、すべて大根の辛味を抜くように工夫しています。

 実は私、大根おろしがあまり好きではなかったんです。というのは、辛味があって、あまりたくさんは食べられないから。大根ってすりおろした状態がいちばん辛いんですよ。でも1日300gは摂取してほしいところ。そのためにはすりおろしを上手に活用することで、楽に多くの量を食べられればと思いました。そこで辛味を解消できるレシピを考案しようとしたわけですね。

――生大根の辛味対策。どのような工夫をされたんですか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ