• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

元旦婚を発表!先生、親友のお父さん…杏さんが語っていた「幸福な出会い」とは?

2014年12月29日

初のエッセイ本『杏のふむふむ』刊行時インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」で共演した東出昌大さんとの元旦婚を発表した杏さん。

自然体のキャラクターが支持を集める杏さんが初のエッセイ本『杏のふむふむ』(筑摩書房)を刊行した際の

インタビューをお届けする。杏さんが語った「幸福な出会い」とは…?(2012年6月21日記事を再掲載)。

――『杏のふむふむ』は、杏さんが仕事やプライベートで体験した様々な出会いについて丁寧に書かれたエッセイですね。

プロフィール
86年東京生まれ。モデル、女優。海外のコレクションでも活躍。2011年には『名前を なくした女神』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演を果たすほか、『妖怪人間ベム』 (日本テレビ系)ではベラ役を熱演し、12年「エランドール新人賞」を受賞。もっとも 注目される女優のひとり。歌手としてCDデビューを果たすほか、CM出演、ラジオの パーソナリティなど幅広い分野で活躍している

 きっかけは、3年ほど前に「webちくま」で連載のお話をいただいたことでした。それまでも短い文章を雑誌に書くことはありましたが、毎回3000字以上の文章を連載するのは初めての経験。始める前は、正直、「ちゃんと続けられるかな」と不安でしたが、「出会い」というテーマが魅力的だったこともあって楽しく続けられました。

 連載は3年ほど続いたのですが、書く作業を通じて、今の私につながった「出会い」を振り返ることができました。

 小学校時代の先生、特別な「成人式」を用意してくれた親友のお父さん、いきなり私から電話をかけてお付き合いが続いた陶芸家夫婦……。そんなプライベートでの出会いはもちろん、仕事で出会ったご縁もかけがえのないもの。モデルとして初めてニューヨークで仕事をしたときのちょっとビックリした体験も、「出会い」というテーマで整理すると素敵なカタチになりました。

 それに私にとっては、演じる“役”との出会いも貴重なもの。これまで参加させていただいた作品の中からいくつかの役について、脚本を渡されて、役作りをして、実際に演じるまでの過程を通じての、役とのコミュニケーションについても書きました。

 昨年放送された『妖怪人間ベム』(日本テレビ)で演じたベラについての回はちょっと苦労して、何度も書いてはボツに。最終的に、ベラへの手紙風に書いてみたらしっくり来ました。


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ