• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

野田聖子さん妊娠で、変わる?日本の家族

2010年9月3日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 診察を訪れる女性が高齢化の一途をたどる不妊治療の世界。卵子提供は、そこで今かなり注目されるようになっており、気になっていました。そこに「野田聖子さんが卵子提供で妊娠」というニュースが飛び込んできました。

「おめでとうございます!」とまずは思ったものの、私は産科のドクターから、超高齢出産の帝王切開がどれほどリスキーか、産んだ時点で精根尽き果ててしまう人がいかに多いかという話を聞いているので、どうしてもそれを思い出してしまいます。50代ともなれば、一般的に言うなら、お金やエネルギーはもう不妊治療に投じたりしないで他のことに使うのが妥当でしょう。

 ただ野田さんは、そうしたリスクは重々覚悟の上で、自分の人生にぜひ必要と考えて決断されたのでしょうから、他人がとやかく言うことではないと思います。出産には、女性の数だけ正解があるのではないでしょうか。

 卵子提供とは、非配偶者間人工授精(AID)の卵子版のようなものです。夫の精子を洗浄濃縮して子宮に入れるのが通常の「人工授精」ですが、男性の精子が力不足の時、第三者の精子をもらって子宮に入れるのが「非配偶者間人工授精」です。これは意外に歴史が古く、日本でも第二次世界大戦直後からありました。

 やがて、卵子を安全に体外へ取り出し、シャーレの中で受精させる「体外受精」が開発されると卵子ももらったりあげたりできるものになりました。こうして卵子提供が始まりましたが、日本では、精子をもらう非配偶者間人工授精しか認められていません。ですから、卵子提供の希望者は海を渡るしかありません。精子と卵子で扱いが違う国は大変珍しいらしく、専門家の間でしばしば話題になります。

 海外では、条件つきであっても許可されている国がたくさんあります。加齢によって妊娠できなくなった女性、卵巣の病気などで自分の卵子を失ってしまった女性などにおこなわれてきました。特に米国の普及度は突出しており、全米の体外受精の中でドナー卵子によるものは約1割を占めています。

 米国では、疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC )という国の機関が全米の体外受精データをウェブサイトに公開しているのですが、自分の卵子を使ったか、若い女性のドナー卵子を使ったかでデータは区別されています。体外受精は女性の年齢によって妊娠率が劇的に変わるからです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ