• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

小さな積み重ねが自信に。目標に近づく時間の使い方

2015年7月29日

PART1 【達成するわたし時間】編

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

資格を取得したい、ダイエットしたいなど、目標を達成できるように時間を上手に使いたい──。

それならまず、目標を見つけることからスタート! 自信がつく「わたし時間」を過ごしましょう!

日々の小さな達成感が仕事の自信につながる

 自分で目標を設定し、それに向かって、具体的に行動する「達成するわたし時間」。その特徴は、“達成したいゴール”を自分で決めること。

 「毎日、なんとなく忙しいのに、気づくと“何も達成できていない”というモヤモヤの正体は、毎日が自分で選択していないことで埋まっているから」と言うのは、図解化コンサルタントの池田千恵さん。「自分で目標を決め、さらにそれに向かって、タスクを一つずつクリアしていくことで充実感は高まります」

 目標を掲げて達成する時間を持つ効能に、「自信がつく」ことを挙げるのは、モチベーショントレーナーの野間健司さん。例えば資格取得の場合、合格のために勉強計画を立て、毎日の習慣にして、少しずつ問題集を解いていく。すると、資格を取得する達成感だけでなく、日々「できた」という感覚を得られるそう。「その、“小さな成功体験”の積み重ねが、やればできるという自信につながり、仕事にもいい影響を与えます」

 目標の達成は大切だが、そのために毎日、無理なタスクを設定して挫折しては逆効果。まずは、やれることをコツコツと続けることで充実感を得よう。

 しかし、目標を見つけられない場合はどうしたらいいのだろう?「わたし時間に達成したい目標を見つけることも、一つの“達成”です」と池田さん。「休日の午前中などにひとりで過ごす時間をつくり、憧れの人物像やなりたい自分像を思い描いてみましょう。そして、そうなるために自分に足りないものを具体的に書き出して」。その足りないものを目標にしよう。

 「大きな目標を達成するために、日々のやるべきことをリスト化します。すると、時間を有効活用できるし、目標に向かって行動していること自体が充実感につながります」と、「営業部女子課」主宰の太田彩子さんは言う。目標を持つことで、小さな時間も充実感でいっぱいになる。そんな「達成するわたし時間」を始めてみよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ