• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ラクになるシンプル片づけ術、始めませんか?

2015年6月22日

捨てなくてもOK!「使うモノ」を選ぶだけで部屋が生まれ変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

モノを捨てたり、要・不要を判断したりしなくても、「使うモノ」を選ぶだけで、片づけは簡単に進みます。

そこに、「入れる」「そろえる」「動かす」のシンプルな片づけ術を取り入れて、部屋も心もスッキリさせ

ましょう

使いたいモノを選んで自分らしく快適な部屋に

 片づけが苦手という人に、「もっとシンプルに考えればいい」と提案するのが、幸せ住空間セラピストの古堅純子さん。

 「捨てるか、捨てないかで悩むから、なかなか部屋が片づかない。“使っているモノ”を選び、それ以外のモノを一度バックヤードへ移すだけという手順なら、誰にでもできるはず。バックヤードのものを捨てるか残すかは、部屋が片づいてから判断すればいいのです」

 少しでも片づけが進んだと実感することで自己肯定感も高まり、使いたいモノが生かされた自分らしい部屋になる。日経WOMANが提案するのは、「入れるだけ」「そろえるだけ」「動かすだけ」の片づけ術。これを取り入れるだけで、昨日より暮らしも気持ちもラクになるはず!


片づけで挫折してしまう3大原因

管理し切れない量のモノを持とうとする
日常使うモノは限られているのに、それを遥かに超えた量を持とうとするからなかなか片づけが進まない。自分が使いこなせる量、把握できる量に絞る意識が必要だ

収納したものが“死蔵”されてしまう
あまり使わないモノから収納に入れてしまうことで、モノが“死蔵”され、収納も足りなくなるという悪循環に。収納スペースは使うモノのためにあると心得て

最初から高いレベルを目指そうとする
モデルルームのような空間を最初から目指そうとするから、挫折してしまう。「まずは床だけ」など小さな目標からクリアしていくことで、片づけのスキルが上がっていく

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
整理・収納

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ