• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

肌細胞の代謝アップに不可欠!CoQ10の本当に正しい取り入れ方

2015年6月12日

肌細胞がエネルギー不足に陥っていませんか?上手な補い方はこれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

10年ほど前に、抗酸化成分として注目を浴びたCoQ10。

細胞の元気を支える大事な補酵素にもかかわらず、加齢とともに減ってしまうという。

サプリで、化粧品で、エイジング対策をしておこう。

 肌のハリやシワなどの“年齢サイン”。対策にいろいろ試してみたけれど、どれもイマイチ効果が実感できないというなら、肌細胞そのものがエネルギー不足に陥っている可能性がある。そんな人は、今こそコエンザイムQ10(以下、CoQ10コーキューテン)を試してみるといいかもしれない。

20代をピークに減少不足は疲れや老化の原因に

体が自動車だとすると、食物から得る栄養はガソリンで、細胞の中にあるミトコンドリアは、それをエネルギー化するエンジン。CoQ10は、そのシステム全体を潤滑に働かせるために欠かせないエンジンオイルのような存在で、さらに抗酸化作用も持つ。

 CoQ10は、肉や魚などの食べ物に多く含まれる補酵素で、体内では主に肝臓で合成される。

 体に必要な微量成分をピザで例えるなら、ビタミン&ミネラルがベースとなるクラスト部分、CoQ10は好みに応じて選ぶトッピングのひとつと捉えられがち。だが、これが大きな間違いだという。

 「CoQ10はその抗酸化力ばかりが注目されがちだが、実は、糖や脂肪を“体が必要とするエネルギー”に変換するのに不可欠な成分」と、再生未来クリニック神戸の市橋正光院長はいう。「基本成分のひとつと考えるべき」という。

 だが、体内にあるCoQ10は、20代をピークにどんどん減ってしまうことがわかっている(右グラフ参照)。

体内のCoQ10量は加齢とともに減る。表皮のCoQ10濃度もピーク時の20代と80代で比べると、約3分の1に減ってしまう。(データ:Bio Factors;9,371-378, 1999)

 CoQ10に詳しいカネカの細江和典さんは、「体内に十分な栄養があっても、CoQ10が不足しているとうまくエネルギーがつくれない。そうなると、新陳代謝により細胞を若返らせる力も低下してしまう」と説明する。また、きちんと食事や睡眠をとっても「疲れが抜けない」「仕事の途中でスタミナ切れを感じる」という状態に陥りやすくなるという。

 市橋院長は「40代ぐらいでも体内のCoQ10量は結構減っている。食事で補いきれない分は、サプリメントや化粧品で補うといい」と話す。

 疲れや肌の衰えの原因がエネルギー低下によるものなら、サプリなどでCoQ10を補うことで改善効果を実感できるはず。「細胞の代謝が良くなる」「体内で発生する活性酸素を除去する」などの効果も期待できるかも。

 その場合、「1日100mgはとったほうがいい」と細江さん。

体がすぐに使える還元型、吸収促進成分入りもCoQ10も
CoQ10には、体でそのまま使われる「還元型」、体内で還元型に変換されて使われる「酸化型」の2種類がある。「CoQ10は油と一緒にとると吸収力が高まるので、食後にとるのがお薦め」(細江さん)。
1 コエンザイムQ10還元型
体の中で働きやすい“還元型”のCoQ10 を、1 日目安量2粒当たりに110mg配合したソフトカプセル。60粒入り、2286円(税別)。問/DHC 0120-333-906

2 還元型コエンザイムQ10
そのまま体内で使われる還元型CoQ10を、1日目安量1粒に100mg配合。30粒入りボトル3800円、パウチ3750円(ともに税込)。問/カネカ・ユアヘルスケア 0120-438-910

3 ノエビア CoQ10 SP
1日目安量5粒にCoQ10を80mg、ほかに黒胡椒エキス、ローズヒップエキス、トゲドコロエキスを配合。150粒入り、6000円(税別)。問/ノエビア 0120-401-0016

4 Q10AA プラスバイタル
1日目安量3粒にCoQ10を100mg、その吸収力を高める黒胡椒抽出物のほか、大豆イソフラボンなどを配合。90粒入り、5200円(税別)。問/資生堂薬品 03-3573-6673

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケア健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ