• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者発!失恋・離婚、親子関係の「どん底」エピソード

2015年5月22日

結婚まで考えた人がほかの人を…私生活に母親が干渉…のどん底をどう乗り越えたか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

読者発! 失恋・離婚の「どん底」エピソード

Case 1/結婚を考えていたのに失恋

一緒に暮らしていた彼が
新しい彼女をつくって出ていった

 付き合って4年目で別れました。35歳から付き合い始めたので、失恋したときは39歳。彼と一緒に住んで2年、そろそろ結婚…と期待していました。別れ話は、私が酔った勢いでサラッと彼に「そろそろ結婚してもいい頃だよね」と言ったら、彼が「実は別れたい」と言ったところから。

 それまで順調だと思っていたので、何が起こったのか分かりませんでした。茫然とする私に、「実はほかに付き合っている女性がいる」と、衝撃の言葉。そこから数週間、毎晩泣いて彼を説得しましたが、結局、1カ月後に出ていってしまいました。

 私は諦め切れず、フェイスブックで彼の行動をチェックしたり、時には「いいね!」をしたり、コメントをしてみたり…。けれど、彼と新しい彼女との書き込みが増えるごとに、つらくなってしまいました。

 そんな状況を見かねた友人が、強制的に私のSNS断捨離を敢行。どんどん削除する友人を見ながら「やめて!」と号泣してしまいましたが、スッキリした気がします。(40歳・金融・事務)


こうやって「どん底」を抜けた!

SNSなどのつながりを完全に断つ
「恋愛中、フェイスブックもツイッターもLINEも、すべてつながっていました。そのため、別れてからも彼の行動が分かってしまい、忘れられず…。場所のタグ付きで飲んでいるという情報が上がったとき、近くまで行ってしまったことも。友人の手で、電話番号やメアドまですべて削除され、諦めがつきました」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ