• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

週1のメンテナンスで疲れをためない!

2015年2月24日

企業家&デザイナーの白木夏子さんの1週間

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

どんなに忙しくても、周囲にパワーを与えるほどいつも元気な女性たちがいます。

イキイキと働く彼女たちのパワーの秘訣は、上手なセルフメンテナンス術。

心や体の疲れを癒やし、活躍へとつなげる1週間ケアについて聞きました

毎日のヨガで心とカラダに向き合う

HASUNA代表取締役・
チーフデザイナー
白木夏子さん
81年鹿児島県生まれ。英ロンドン大学キングスカレッジで発展途上国の開発を学ぶ。アジア開発銀行研究所のインターンや投資ファンド事業会社勤務を経て、09年にHASUNAを設立。日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011」を受賞

 オリジナルジュエリーを制作販売するHASUNAの代表取締役、白木夏子さん。ジュエリーの素材調達のため、年に数回、海外の鉱山に直接出向き、原石を買いつけている。また、仕入れだけでなくデザイナーも務める白木さんは、1シーズンで50点ほどのデザインを手がけるそう。

 さらに、会社の代表として経営会議を行いサービス向上や売り上げ増加を図るほか、長期的な経営計画やブランド戦略の立案にも尽力する。

 こうした多忙な日々を送る白木さんの体調管理の決め手は、就寝前のケアと週1回のメンテナンスデーだ。「実は、起業した09年の年末に、疲れがたまってついに肩が上がらなくなってしまったんです。ジャケットを着られなくなったときは本当に困りました」。それがきっかけとなってカラダのメンテナンスの大切さを実感。以来、ヨガを毎日の習慣として取り入れたという。

 就寝前にヨガをすることで、「瞑想して心を整え、今日は肩甲骨が凝っているな、骨盤周りがガチガチだな…など、カラダの状態を感じながら疲れたところを毎日ケアできます」。

 さらに金曜日はメンテナンスデーに。休みが不規則なため、毎週この日は可能な限りカラダを休める日と決めている。整体やジム、岩盤浴に行き、時間がないときは寝る前に蒸しタオルパックなどのセルフケアを行うことも。無理のない範囲でケアするのが長続きの秘訣だ。

 「常にワクワクしながら、楽しんで仕事をしたい」と話す白木さん。そのために、「悩む」時間は極力短くしている。問題があれば、集中して解決策を考え、自分でどうしても解決できない難題は、躊躇(ちゅうちょ)せず他人に助けを求めることも。

 「デザイン、品質、サービスなどすべての面で感動を生み出せるブランドに育てる」という夢を実現するため、「カラダも心も常に100%の力でダッシュできる状態をキープして仕事に臨んでいます」。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ