• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

いい親友vs.悪い親友、ここが違う

2015年2月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経WOMAN3月号では『30代からの「親友」と「恋人」のつくり方』を特集しています。今回は、その中でも「難しい!」という人の多かった「女同士の友情」について紹介します。

 日経WOMAN3月号の特集『30代からの「親友」と「恋人」のつくり方』では、30代で新しい親友を見つけた女性たちも紹介。「適度な距離を大切にする」「言いたいことを言い合うけれど、最後の決断には踏み込まない」「親友を“たった一人”に決めない」など、さまざまなルールを教えてもらいました。一方で、読者アンケートには、「大人の女同士の友情は難しい!」という声も多数。

 昨年には、瀧波ユカリさんと犬山紙子さんの共著で注目を浴び、沢尻エリカさん主演のドラマ『ファーストクラス』で話題となった「マウンティング」という言葉も登場。「マウンティング」とは、女性同士の間で、小さな優越感を得るために「私のほうが上」とアピールすることをさしますが、日経WOMANで特集した際にも、「私にも心当たりがある」と反響がありました。今回の特集のアンケートにも、そんな関係に疲れて「決裂してしまった」という報告が続々と…。

 「会社を辞め、念願の語学留学を決意。学生時代から目標にしていたので、親友に報告すると、『帰国してから仕事があるのかなぁ』と。喜んでくれると思っていたのにその反応にびっくり。以前のような“親友”ではなくなりました」(31歳・製薬メーカー・営業)

 「音楽の趣味が合うので、頻繁に一緒にコンサートに出かけたり、年に1度は2人で音楽を聞くための旅行に行ったりしていました。けれど、友人は私の倍以上の年収。チケットの席のランクや日々食事するレストランの値段設定、泊まるホテルのランクなどが私には負担になってしまい…。『もう少し、価格をおさえたい』とお願いして、下げてもらったのですが、そのことをほかの友人に『貧乏人』という言葉を使って話していたことを知ってしまいました。あまりにショックで、私からは連絡しなくなったし、彼女も空気を感じ取ったのか連絡してこなくなりました」(42歳・団体・事務)

 「この人といると都合がいい、一人でいるよりは誰かがいたほうがいいといった打算で成り立つ関係は壊れやすい」と話すのは、心理カウンセラーの石原加受子(かずこ)さん。「気が向かないときに断っても、それを受け入れてくれるのがいい親友。好きな趣味など共通項でつながっていたのに、その均衡が崩れたときに疎遠になる関係は、実はいい友情関係ではなかったのでしょう」。そして、いい親友を「一緒にいて安心できるいい距離感がある」「見返りを求めずにつき合える、人としての愛情がある」人と定義づけます。

 先に上げた2例は、自分が傷つき距離を置いたケースだが、自分から傷つけてしまい疎遠になってしまったケースも。

 「学生時代からの親友とは、お互い38歳で結婚と、タイミングまでピッタリ!『同じタイミングで妊娠したら、生まれてくる子どもたちも親友同士だね!』と話していました。私は入籍してすぐに妊娠が分かりました。けれど、友人はなかなか恵まれず…。私自身は、よかれと思い、自分が妊娠するためにどのようなことを頑張ったか、どのようにすればいいかをアドバイスしたのですが、それが彼女には『努力が足りない』と責められているように感じてしまったそうです。『今は会いたくない』というメールがきて、それきりになってしまいました。その後、子どもが生まれたタイミングで報告メールを送ったのですが返事は来ず…。今は40歳。共通の友人から、彼女は不妊治療を頑張っているけれど、まだ妊娠していないと聞きます。彼女の力になりたいと思ったアドバイスですが、振り返ると、配慮がなかったと後悔しています」(40歳・保険・事務)

 「いい距離感が取れなくなった関係性でも、2人に合った距離の取り方が分かれば、関係が改善する場合もあります」(石原さん)。自分が不快に感じる場合、「こうしてほしい」と伝え関係性を調整する、あるいは逆に、自分が悪かったと思った時に、正直に謝って関係を改善させることも、大人の友情に必要なことなのかもしれません。

 日経WOMAN3月号では、そんな大人の親友の上手な育み方を特集。ぜひ手に取ってご覧ください。

この人に聞きました
石原加受子
心理カウンセラー
「自分中心心理学」を提唱する、心理相談研究所オールイズワン代表。性格改善や対人関係、親子関係に関するセミナーやカウンセリングを行っている

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経WOMAN誌面でどうぞ。」

文/岸本洋美=日経WOMAN

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

この特集のバックナンバー

一覧を見る

関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ