• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

WORK&LIFEスタイル別貯め方ルール

2014年12月23日

自分にピッタリの適正貯蓄額はどう決める?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

1年間着実に貯め続けるには、自分に合った目標を設定することが大切。

働き方や生活環境に合った、適正貯蓄額を教えます!

年収の20%が貯蓄の最低ラインと心得て

 同じ働く女性でも、働き方やライフスタイルは人それぞれ。 正社員と非正規社員、ひとり暮らしと実家暮らし、未婚と既婚では、貯蓄できる額も違ってくる。

 「将来に備えて1年で100万円以上貯めるのが理想ですが、ひとり暮らしのシングル女性の場合、年収によっては厳しい人もいると思います。その場合も、自分の“適正貯蓄額”を知って、できる限り貯める努力をすることが大切です」とFPの高山一恵さんは言う。

 「1年で100万円」を達成するまでの道のりが険しいのが、年収が300万円以下の、都市部でのひとり暮らしのケース。また、ボーナスがない人も、月々の貯蓄が思うようにできなかったとき、リカバリーするタイミングがなく、計画が狂ってしまうことがある。「年収が300万円以下でひとり暮らしをする女性の場合、年収の30%、もしくは月収の20~30%が貯蓄額の最低ラインという目安があります。ボーナスがない人は、臨時出費に備えて貯蓄以外の積立口座を持っておくといいでしょう」(高山さん)。それぞれの仕事や生活の形に合った貯蓄計画を立てよう。

 一方、実家暮らしや、ボーナスがある人は、貯蓄計画が立てやすい。だからこそ、確実に貯蓄する仕組みを今のうちに考えておきたい。「100万円の貯蓄計画を立ててみて、余裕がありそうだと感じたら、100万円以上貯まる計画に切り替えましょう」 ここでは多様化するワークスタイルやライフスタイルに合わせた貯蓄計画を紹介。自分に合う貯蓄プランを立ててみよう!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ