• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

頭皮をもむとだるさも取れる!

2014年11月27日

脂性肌・むくみタイプ【水】のあなたには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

トントン刺激で頭皮の脂分と
一緒にだるさも取って軽快に

湿気がこもって頭が重くなりやすい水タイプ。トントンと刺激するタッチで頭を活性化すれば眠気がなくなり、頭皮と髪の脂分も取れてべたつきが解消。アーユルヴェーダで乾布摩擦に使う手袋や布を使うとより効果的。

この体質の髪の主な特徴
毛色は黒い
量が多い
ベタつきやすい
枝毛や切れ毛になりにくい
くせ毛や薄毛になりにくい

手袋や布を使って
西川さんも愛用するシルク100%の「ガルシャナ手袋」(日本ナチュラルヒーリングセンター)。薄手のタオルをかぶって行ってもいい。



チョップで首をほぐす
指を揃え、小指側の手の側面を後頭部につけて小刻みに動かす。後頭部から首にかけて凝りや緊張をほぐす。



上のほうの頭皮をもむ
両手の指の腹で、上のほうの頭皮をもむ。



頭全体をトントン刺激
指を揃え、小指側の手の側面で、頭全体をトントンとリズミカルにたたく。刺激して活力を与えるイメージで。



頭皮をリズミカルにもむ
両手の指の腹で、頭皮を軽くつまむようにもんで刺激。リズミカルに動かすと刺激が増して効果的。



生え際を丁寧に押す
両手の人差し指から薬指の、3本指の腹で、額の中央からこめかみに向かって押す。丁寧に押すことでスッキリ感がアップ。


注:月経中は頭皮マッサージは控えて。


この人に聞きました
日本ナチュラルヒーリングセンター代表
西川眞知子さん
日本を代表するアーユルヴェーダ研究家で「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。講演セミナーを数多く開き、著書も多数。アーユルヴェーダ・ヨーガの指導者でもある。

取材・文/茅島奈緒深 写真/鈴木希代江 ヘア&メイク/依田陽子 スタイリング/椎野糸子 モデル/殿柿佳奈

日経ヘルス2013年12月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ