• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

捨てられないココロの癖をラク~に直す

2014年11月20日

“断捨離”が苦手な人も必見の処方箋

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

捨てることが苦手な人も、考え方を少し変えるだけでスッキリ生活が手に入る!

断捨離の専門家に、誰でもすぐに実践できるアドバイスをしてもらいました

モノが多すぎては大切にできないと認識を

 「以前はボールペンが90本、靴下が60足もあり、モノにあふれた部屋に住んでいました」と言う心理療法家の川畑のぶこさん。5年前に心機一転し、部屋の7割のモノを捨てたら「かなり快適になった」そう。

 「『モノを大切にする』とは、どんなモノも捨てずに取っておくことだと思い込んでいる人が多いです。しかし、モノが多すぎて使い切れない状態では、大切にしているとはいえません。それよりも必要なものを選び、丁寧に使い続けるほうが、『モノを大切にしている』と言えるはず。必要なモノだけに囲まれ、暮らしも豊かになります」

 とはいえ、「1日で部屋中をスッキリさせる」などと意気込むのは逆効果。「一気にやると、断捨離はつらい作業と脳が認識し、『もう二度とやりたくない』と考えてしまいます」。そこでおすすめなのは、「机の上だけ」などと範囲を限定すること。「少しずつスッキリさせて達成感を得て、『断捨離は楽しい』と脳に認識させましょう」

 捨てるかどうか悩んでしまうときは、「これを捨てたらどんなときに後悔するか」と考えてみよう。「改めて考えると、後悔するシチュエーションはあまりないと気づきます。それよりも、モノにあふれた部屋に住み続けるほうが後悔することになると気持ちを切り替えましょう」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方整理・収納

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ