• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

年代別寝たままゆる筋トレ

2014年11月4日

朝たった3分で目覚めスッキリ!疲れにくい! たるみ解消!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

本格的な筋トレをする自信はないけれど、寝たままならできるかも……

そんなあなたに、朝、布団で3分でできる「寝たままゆる筋トレ」。

年代別にゆるみやすい筋肉を刺激すれば、体も温まって血流アップ。

1日を元気に過ごせます。続けるうちに、たるみも解消! 体が若返ります。

 歳を重ねると、体の気になる部分は変わっていく。

 「30歳を過ぎると、お腹、背中、太ももの筋肉がゆるやかに落ち始める。まずお腹の筋肉が衰えて引き締める能力が低下。40代になると、背中の筋肉の衰えによって猫背気味になる。お尻の張りもなくなり、メリハリのない体型に。50代では全体として変化がさらに進む」と東京大学大学院の石井直方教授は言う。

 自分の年代のメニューをやってみて、余裕があれば、ほかの部分のメニューにも挑戦しよう。

あなたが鍛えるべき筋肉はココ!

この人たちに聞きました
石井直方教授
石井直方教授
東京大学大学院 総合文化研究科
東京大学理学部卒業、同大学院博士課程修了。理学博士。専門は、身体運動科学、筋生理学、トレーニング科学。ボディビル競技者としても実績を誇る。少ない運動量で大きな効果を得る「スロトレ」の第一人者でもある。

岡部 友
岡部 友さん
女性専門ボディメイク・パーソナルトレーナー
フロリダ大学運動生理学部在学中に、NSCA-CSCS公認コンディショニングスペシャリスト、ACSM-CPT公認パーソナルトレーナー資格を取得。マンツーマンのボディメイク、ダイエット指導を行う。http://tomookabe.net/

40代
背中・お尻を鍛えよう!

肩こりに即効!ヒップアップにも効果的

背中側の筋肉が衰える40代は姿勢が悪くなり、凝りもひどくなる。ストレッチで背中をほぐした後は、お尻と背中を一気に鍛える筋トレで、美姿勢を取り戻そう。

 姿勢を支える背中側の大きい筋肉やお尻の筋肉が衰えやすい40代。「猫背気味になり、後ろ姿に色濃く年齢が出るようになる。背中とお尻を重点的に鍛えることで、きりっとした立ち姿を維持したい」(石井教授)。

 筋トレの「W字背筋」では、お尻に力を入れつつ、広背筋などの筋肉を鍛えて、肩甲骨の動きも高める。「お尻が立体的になり、肩が凝りにくい体になれます」(岡部さん)。


「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

取材・文/柳本 操 写真/鈴木 宏 ヘア&メイク/依田陽子 モデル/TOMOMI
エクササイズ監修/岡部 友 イラスト/三弓素青 構成/宇野麻由子(編集部)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ