• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたが必要な筋トレが分かる!

2014年10月31日

筋肉をちょっと鍛えるとどんな変化が起こるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

スリムな体でいたいから、筋肉はあまりつけたくない。そう考えていませんか?

体のラインを整えるのにも、疲れにくく太りにくい体になるのにも、筋力アップが近道。

さらに、脳の機能が活性化してストレスに強くなる。

筋肉を鍛えると、いいことずくめなのです。

 「筋力が落ちた、と多くの人が実感するのは50代。だが、実は30歳くらいをピークに、徐々に筋肉は減っている」と話すのは、筋生理学を専門とする東京大学大学院の石井直方教授。

 筋力低下を防ぐには、筋肉を鍛えるしかない。

 「筋肉にダメージを与えて修復・強化させることは筋肉を鍛える方法の一つ。筋肉痛はそのサインと見ることもできる」(筋肉疲労に詳しい東京大学大学院の八田秀雄教授)。運動する機会がなく、筋肉痛には縁がないというあなたの筋肉は、着々と減っている。

 「でも、日常生活で支障もないし、筋力なんて必要?」 そう思う人も、疲れやすくなった、冷えやむくみがひどくなった、と感じるなら、筋肉を鍛えたい。「筋力がつけば、日常的な動作による負荷も相対的に楽になるため、疲れにくくなる」(石井教授)。国立健康・栄養研究所の宮地元彦部長は、「筋肉をよく動かせば筋肉の中にある血管の機能が保たれ、特に脚の冷えやむくみは改善する」と話す。

 さらに最近では、筋肉の意外な役割も明らかになってきた。「運動習慣があると、糖をより代謝しやすい筋肉に変わっていく」(糖や脂質の代謝に詳しい筑波大学附属病院の正田純一教授)。食事で糖質オフを心がける人は多いが、筋肉を鍛えれば、自然と血糖値が下がりやすい体になる。また、筋肉自身が“やせホルモン”とも呼べるホルモンを分泌し、筋肉の周囲の脂肪の燃焼を促す働きもある。うれしいことにこれらの効果は、何歳から始めても効果が出る。

Q. 筋肉をちょっと鍛えるとどんな変化が起こるの?

A. 何歳から始めても元気な若い体になります。

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

取材・文/宇野麻由子(編集部)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ