リーマン・ショック以降の低調ムードから一変、活況を見せる転職市場。

どんな転職が成功しているの? 今後の企業の採用ニーズはどうなる?

そこで転職の最新動向を徹底チェック!今すぐ活躍の場を変えたい人はもちろん、

「もっといい職場あるかも…」と考えている人も、要チェックです。

 転職を考える人に追い風が吹き続けている。厚生労働省発表のハローワークの7月の月間有効求人倍率(季節調査値)は1.10倍、新規求人倍率(季節調査値)は1.66倍とまさに売り手市場。インテリジェンスによると、13年4月以降、取引先企業の求人数が前月を更新し続けているという。

 リクルートキャリアのキャリアアドバイザー・木元香織さんは「企業側の採用意欲の高さを肌で感じています」と話す。その理由は2つあり、まずは慢性的な人材不足だという。「08年のリーマン・ショック以降、採用を控えていた企業がほとんど。1人当たりの仕事量が増え、現場のひっ迫した状態も限界を迎えているんです」(木元さん)。そして2つ目がアベノミクスの影響だ。「ビジネス拡大に向け各社しのぎを削るなか、13年の年初から営業職や技術職の求人が増え、14年に事務職や企画職などバックオフィスの求人の波がやってきました」(木元さん)

 景況感の改善で、働き手側も転職に目が向き始めた。「本気で転職したい人以外に、『一生この会社でいいの?』という漠然とした気持ちから、いいところがあるなら転職を考えたいという人が増えています。そんな“切羽詰っていない転職活動”を通じて、実際に転職を実現する人が増えているのが現状」(インテリジェンスのDODA編集長・木下学さん)。なかでも派遣社員の人は、「直接雇用を目指す絶好の機会」と木下さん。「非正規雇用の人が正社員の転職を実現した例は増えています」(木下さん)

 採用意欲の高さから、採用決定までの日程もスピードもアップ。「転職エージェントに登録して、内定まで平均して3カ月ですが、最近は1カ月半~2カ月で決まる例が多い」(木元さん)。今から始めれば年内に決めることも可能だ。ただし、「外資系企業の場合、最終面接の担当役員が12月初旬に帰国するため、11月中に内定を出すケースが多いので注意が必要」とキャリアコンサルタントの高村祐規子さんは話す。狙う企業に合わせてスケジュールの確認をしておこう。

 企業が求める人材に変化はある? 「入社後すぐに活躍してくれそうな人材かどうかを重視。経歴以上に、企業との相性も含めて即戦力になる人が欲しい。そのため面接を重視する傾向は強まっています」(木元さん)。木下さんも「経験や語学力が要件を満たしていなくても、この会社で成長してくれそうと判断して採用されるケースが増えています」と話す。

 転職を急がない人も、キャリアの棚卸しや、転職エージェントなどに登録して自分の市場価値が分かるだけでも、今の働き方を見直すきっかけになるはず。つまり、転職活動は「新しい自分を手に入れるチャンス」でもある! 日経WOMAN11月号では、さらに詳しく転職の最新トピックスを取り上げるほか、年内までに決着をつけたい人のための具体的な転職活動スケジュール、さらには今おすすめの有望業界や職種など多数紹介。ぜひご一読を!

この人たちに聞きました
リクルートキャリア中途事業本部キャリアアドバイザー
木元香織さん
教育業界でのマネジャー経験などを経て、08年4月にリクルートエージェント(現リクルートキャリア)に入社。現在、事務系職種の転職活動をサポートするキャリアアドバイザーとして、求人の紹介などを行う

インテリジェンスDODA編集長
木下 学さん
新卒で人材サービス会社インテリジェンスに入社。事務派遣領域の法人営業、人事部を経て、現在は転職サービス『DODA』の編集長を務める。雇用の専門家として、求人や給与の変動などの情報に精通している

キャリアコンサルタント
高村祐規子さん
キャリア&マネー協会代表。「女性のための資格活用方法」のサイト運営や、女性社員向けのキャリア研修に数多く携わる。これまで約5000人の女性を面談した実績も。著書に『資格をお金に換える方法』(中経出版)

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経WOMAN誌面でどうぞ。」