• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

汗は引っ込めるのではなく出すのが肝心!

2014年9月18日

足湯と脇腹つまみで泌尿器系のトラブルを防ぐ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

滞った汗をしっかり出す!
秋の足湯

引っ込んでしまった汗を出すのに有効なのがくるぶしまでつかる足湯。「秋は、汗による冷えを防ぐために朝の時間帯に行うといい。のどが痛いときにもお薦め」(平橋さん)。


くるぶしを熱めの湯につける
バケツにくるぶしがつかるくらい湯を張り、42~43度ほどの熱めの湯(入浴温度より1~2度高め)に7分ほど足をつける。この間、温度が下がらないように、やかんなどを用意して適宜、差し湯をする。



左右の足の色を確認する
いったん足をバケツから出して水分を拭き取り、左右の足の色を確認。左右とも赤くなっていたら終了。赤くなっていないほうがあれば、その側だけさらに2分温める。



コップ半分の水を飲む
足湯が終わったら、コップ半分の水を飲む。足湯によってかいた汗をそのままにしておくと体を冷やす原因になるので、汗はしっかりと拭き取ろう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ