• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

驚くほど若返る「顔ヨガ」

2014年9月3日

ほうれい線が薄くなり、二重あごが解消!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

年齢や、顔の“運動不足”で深くなっていくほうれい線。

しかし、10秒でできる顔ヨガを続けるだけで、筋肉が鍛えられてほうれい線が薄くなり、

二重あごも解消、フェイスラインもすっきり!

化粧前や入浴中の習慣にして、若々しさをキープしよう。

 鏡を見るたびに「今すぐ消えてほしい」と願うほうれい線。ほうれい線は、顔の表情筋、特にほおを持ち上げる筋肉群の衰えが原因だ。筋肉がほおを支えられずにたるみ、口の両脇にある溝が深くなった状態。つまり、衰えた表情筋を鍛えることでほうれい線を薄くできるのだ。

 今回「顔ヨガ」を教えてくれた間々田佳子さんは、自身もほうれい線にショックを受けて38歳で顔ヨガをスタート。「初めは、ものすごく顔が筋肉痛になり、こんなに表情筋を使っていなかったのかと実感。続けるうちにほうれい線が薄くなり、フェイスラインがすっきりした」とその効果を身をもって語る。

 まずは一瞬で効果が出る「10秒!びっくりスマイル」を習慣にしよう。目を見開き、上の歯だけ見せて口角を上げて10秒キープするだけ。さらに「おだんごロック」を続ければ、血流が良くなりむくみ解消にも。

教えてくれたのは
フェイシャルヨガの創始者・高津文美子に師事し、講師に。著書に『DVD付き 間々田佳子の顔ヨガで即たるみ上げ&小顔』http://w-tango.com/

タンゴダンス世界選手権アジア大会で優勝したころ。「雑誌に出た自分の顔にほうれい線がくっきり!ショックを受けた」。

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

取材・文/羽田 光(編集部) 写真/鈴木希代江 スタイリング/椎野糸子 ヘア&メイク/依田陽子
モデル/島村まみ  イラスト/三弓素青

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティダイエットカラダの悩み・病気メンタルヘルス健康レシピ・食材メイクアップスキンケア健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ