• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

汗をかかないラクチン簡単掃除術 上

2014年7月24日

すぐにキレイ&ずっとピカピカの心得とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

夏の暑い日でも簡単に、汗をかかずに快適空間をキープ。

それにはモノを動かさず、身の回りにあるものを活用するのがコツ。

時短のプロに手間入らずの掃除法を教えてもらいました!

モノの移動は最小限に“ながら掃除”を習慣化

 部屋はキレイに保ちたいけれど、汗をかきつつ手間をかけて掃除するのは避けたい…そう考える人も多いはず。「かがんでモノを取ったり、上から何かを取り出したりするなどの作業を少なくすることで、汗は抑えられます。移動は最小限にして」と生活コラムニストのももせいづみさん。雑誌や本などはラックに入れておくなど日頃から整理整頓を心がけておこう。また、「『歯を磨きながら』『入浴しながら』など何かのついでに掃除をするのもおすすめ」と知的家事プロデューサーの本間朝子さん。  ここでは場所別に時短掃除の方法を紹介!手軽にキレイな部屋を維持しよう。

暑い夏でも汗をかかない掃除
5つのルール

時短
キャスター付きで動かせてラクに掃除

ルール1■体の移動や動きを最小限に抑える!
モノを横にずらしたり、持ち上げたり…そんな作業で汗が噴き出てしまう。そこでまずは、モノが床に置かれていない状態をつくることが重要。ゴミ箱などはキャスターが付いた可動式や、つるすタイプにするのがおすすめ
例えば…
新聞はラックに入れておく
配線は結束バンドでまとめておく
植木鉢は下にキャスターを付けて動かせるように


ルール2■簡単に掃除できる道具を用意!
「便利な掃除道具がたくさん販売されています。全部をそろえる必要はないので、気になる部分や汚れやすい部分など、自分にとって必要だと思える箇所の掃除道具を用意しましょう」(ももせさん)

ルール3■周辺にあるものを掃除道具として代用
洗剤やバケツ、雑巾を用意して…となると掃除が面倒に感じられてしまう。「トイレならトイレットペーパー、洗面台なら古い歯ブラシなどできるだけ周辺にあるものを掃除道具として活用してみて」(ももせさん)

ルール4■ラップやホイルを使ってホコリをキャッチ
「ホコリやゴミがたまる場所は掃除をしなくてもいい工夫を。例えば、ホコリがたまりやすい冷蔵庫の上はラップをかけておく。汚れたらラップを交換すればOK」(本間さん)。アルミホイルやキッチンペーパーも活用しよう
例えば…
ホコリがつきやすい冷蔵庫の上にラップをかけておく
トースターの下にアルミホイルを敷いておく
調味料の下にキッチンペーパーを敷いておく

ルール5■洗うときは漬け置きで作業時間を短縮
“漬け置き洗い”は時短の味方!「食器は水に漬けておくだけで汚れがかなり落ちます。油汚れがひどい場合は水に洗剤を少し落としておくのがおすすめです。また、ぬるま湯ならさらに汚れが落ちやすくなります」(本間さん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ