• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

親の介護ホントのところが知りたい!

2014年5月8日

いつからどんな準備が必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

いつかは自分の親を介護するときが来るかもしれない。けれど、今はまだ両親とも元気だし――。

WOMAN世代にとって、気になりながらも「まだまだ先」と準備に踏み出せないのが親の介護。

親が元気だからこそ、できる準備もあります。親の介護を考えるうえで知っておくべきことを見てみましょう。

 「親の介護は突然、始まるもの。『先のこと』と思わずに、親が元気なうちから準備しましょう」。こう話すのは介護関連の著書を多数持つ、おちとよこさん。おちさんは30代後半で自身の親の介護を始め、働きながら両親の介護を16年間続けた。そんな自身の経験も踏まえ、おちさんは「親が元気なうちにできる準備もある」と話す。

 まず大切なのは情報収集。「介護制度がニュースに取り上げられていた場合は注目するなど、少しずつ介護に関する知識を付けていきましょう」とおちさんはアドバイスする。高齢化社会を受けて、介護制度は頻繁に変わっている。介護保険でどのようなサポートが受けられるのか、介護保険を利用したサポートを受けるためにはどのような手続きが必要なのか、などは押さえておきたい情報だ。

 親と遠く離れて住んでいる場合は情報収集に加え、親の主治医や実家の近所の人への挨拶などを早めにしておこう。主治医や実家の近所の人は親の異変をいち早く察知してくれる人。「自分の連絡先を渡して、『何かあった場合は、連絡をください』と伝えておくだけで安心です」(おちさん)。帰省などのタイミングを利用して、介護のときを想定した人脈作りが大切になる。

 元気なうちに親に確認しておきたいこともある。介護の資金となる親の預金や保険の金額、そして「在宅か」「施設か」など介護体制の具体的な希望は、親が元気だからこそ聞きやすい項目だ。ストレートに聞きにくい場合は、「自分の老後の参考にしたい」などの言い方で、少しずつ親の希望を聞き出しておこう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ