• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

30代の先輩女子からフレッシャーズへ(2/2)

2014年4月2日

先輩の仕事を見てまねることから…。継続は力なり!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
新社会人の働き女子に向けて、一言 エールをください。

「あとみよそわか。」

日本放送協会 デザインセンター 映像デザイン部
岩倉暢子さん

1978年東京都生まれ。2001年多摩美術大学美術学部 建築学科(現・環境デザイン学科)卒業後、NHK入局。現在は映像デザイン部に所属。ドラマやバラエティー、古典芸能などの番組美術に携わる。2004年ミュージカルドラマ『ホシに願いを』のデザインで伊藤熹朔賞新人賞受賞。2010年『その街のこども』(第36回放送文化基金賞 テレビドラマ番組部門 本賞受賞)、2013年 連続テレビ小説『あまちゃん』(東京ドラマアウォード2013、2014エランドール賞特別賞)を担当。

その一言を選んだ理由をお聞かせください。

 ?とふりかえると、「女はごみっぽいもんだから、もういいと思ってからももう一度よく、呪文をとなえて見るんだ」と云った。
(幸田文「あとみよそわか」/新潮文庫「父・こんなこと」収蔵)

 「女はごみっぽい」などと女性を軽視していると目くじらをたてて、それ以上読まないのはもったいない。「女」を「人間」と読み替えてみるのはどうでしょう。

 これは、筆者の幸田文が、父・幸田露伴から掃除を手ほどきされているシーンの結びの呪文です。この随筆を初めて読んだとき、私はまだ中学生で、幸田文と同い年くらいでした。当時あまったれていた私は「こんなに厳しく家事を仕込むご家庭があるのか!」とびっくり仰天だったのですが、同時に真っ当とはこういうことかと恐れ入ったのです。

 さすが露伴先生、私のような100年後の物知らずにも知恵を授けてくださいます。ごちゃごちゃ言う前に、とりあえず一通り真似て大人と同じようにできるようになってみよ、と厳しく語りかけています。

 これは掃除や炊事だけでなく(しかも家事を私が自ら行うようになるのはかなり後です)、学生時代のアルバイトや、仕事にも「あとみよそわか」は通じるところがあって、“(文が)箒を縁側ではたいていると、(露伴は)「そういうしぐさをしている自分の姿を描いてみなさい、みっともない恰好だ。女はどんな時でも見よい方がいいんだ。はたらいている時に未熟な形をするようなやつは、気どったって澄ましたって見る人が見りゃ問題にゃならん」”(引用元 前同。( )追記岩倉)といいます。

 客観と主観を行き来する余裕と広い視野をもつこと。仕事をするからには、プロとしてちゃんとふるまえるようになりたい。そしてプロは、いちど打席に立ったら必ず出塁して、ホームベースに戻ってくること。戻ってきたら「あとみよそわか」と唱え、来し方を確認すれば、きっと一足飛びにかっこいい大人になれること請け合いです。

「父・こんなこと」幸田 文・著
amazonで購入する
楽天で購入する

社会に出て、始めの3年間にやっておくべきこと(やっておいてよかったこと)を教えてください。

 仕事を断らない。飲み会はなるべく断らない。

落ち込んだり、凹んだりしたときに思い出して欲しい言葉を教えてください。

「試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。」

聖書(コリントの信徒への手紙1 10章13節)

 番組の美術を設計する際、しょっちゅうアイディアに詰まって焦るのですが、そのたびに、この言葉を思い出して「ぜったい他にまだ何かあるはず」と考えられるようになりました。また、逃れる道が「備えて」あるならば、いまこの瞬間にアイディアが出てこなくても、もしかしたら翌朝に見つかるかも、と少し気楽になれます。

 聖書本来の言葉の意味とは違う捉え方だと思いますが、たとえば『あまちゃん』の劇中で使用したキャラクターたちは、通勤中に歩いていたらポッと浮かんだり、同僚のちょっとした発言から飛び出てきてくれて、なんども「逃れる道」に助けられました。

フレッシャーズにおススメの本や映画、持っておくといいアイテムなどありましたら教えてください。

 自分専用のテーマソング。この曲を聴けば、会社に行く重い足取りも軽く、気が滅入るような打合せへ向かうのにも勇気が100倍となるような曲を見つけておくこと。できれば数曲あるとよいでしょう。

 携帯電話にもPCにも、すべてのデバイスにプレイリストを放り込んでおき、イントロを聴いただけで「よしっ」と思えるようになればしめたものです。

 ちなみに私はMadonna『JUMP』、Stevie Wonder 『Another Star』(この2曲はライブバージョンが特に好き)、Jackson Sisters 『Miracles』が不動の三曲なのですが、こうやって改めて列記するのは自分の本棚を見られるのと同じくらい恥ずかしいです。

Madonna『Confessions on a Dance Floor』※JUMPは8曲目に収録
amazonで購入する
楽天で購入する

Stevie Wonder 『Songs in the Key of Life』※Another Starは17曲目に収録
amazonで購入する
楽天で購入する

Jackson Sisters 『Jackson Sisters』※Miraclesは8曲目に収録
amazonで購入する
楽天で購入する

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

構成/近藤鈴佳 写真/菅原ヒロシ(川上さん)、大槻純一(岩倉さん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー働き方ウーマン・オブ・ザ・イヤー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ