• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

リビングの上手なお掃除方法

2014年4月4日

「目立つ汚れだけを落とす」という割り切りが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

新年度のこの機会に、お部屋環境の見直しをしませんか? 

1カ所15分程度、平日夜や週末だけでできる“時短”大掃除にトライ!

リビング編

普段掃除する部分以外を重点的に
エアコンや窓など、普段、掃除が行き届きにくいところを重点的に行いたい。「こびりつき汚れなど、すべてを落とそうと思うとなかなか終わりません。目立つものだけ…と割り切って」

お掃除アイテム
高所用モップ
高所のホコリを取るのにも便利なモップ。

住居用洗剤(2度拭きなしタイプ)
住居用洗剤は2度拭きいらずのものを使うと時短に。

おしゃれ着用洗剤
水で薄めて布製の家具の拭き取りなどに。

マイクロファイバー布巾
から拭きに使うマイクロファイバー製の布巾。ホコリを舞い立たせることなく拭き取れる。100円ショップでも購入可能

そのほか
中性洗剤(台所用)
タオル類
スポンジ
割りばし
ピンセット
ビニール袋
新聞紙
掃除機

掃除の順番は…
拭き掃除をするとホコリが落ちるので、高いところから低いところへと進めるのが基本。リビングなら、エアコン→窓→ソファ・テレビ→床と進めていくといい

網戸、窓ガラス、サッシとパーツが分かれている窓。それぞれに合った掃除道具を使い分けると、汚れを落とすのがラクになる
ガラス/10分
薄めた中性洗剤で固く絞った布巾で拭く。「汚れがひどい外側を先に拭き、布巾のきれいな面に変えて、内側を拭いて」

窓拭きの仕上げは新聞紙で。インクの炭素に、汚れを吸着する働きがある。新聞紙を手で握れるくらいの大きさに丸める

で丸めた新聞紙で窓を磨くとピカピカになる。そのまま捨てられるので、後片づけも簡単
網戸/10分
食器洗い用のスポンジで網戸を拭く。まずはスポンジが乾いた状態で拭き、ホコリや土ボコリを落としていく

スポンジ2つに住居用洗剤を含ませる。2度拭きいらずのタイプを使えば、後でから拭きせずに済むのでラク

洗剤を含ませたスポンジを両手に持ち、内側と外側からピッタリ重ねて同時に拭く。内と外を一気に掃除できて、時短になる
さん/10分
掃除機の細いノズルを使い、サッシに詰まったホコリを吸い取る。乾いた土ボコリを掃除機で吸い取ることができる

落ちない汚れに水をかけてふやかす。さんの汚れは油を含むことが少ないので、どんなに汚くても水のみでOKの場合が多い

ふやかした汚れを、前回作った割りばしと布巾で取る。細かい部分はピンセットと布を使って落とそう
掃除のコツ
「網戸とサッシはいきなり水拭きするのではなく、最初にスポンジのから拭きや掃除機で汚れを落としましょう。乾いた土ボコリは、水でぬらす前に落としたほうが簡単です」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方整理・収納

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ