• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

15分時短大掃除にトライしよう!

2014年4月3日

1カ所ずつ、できる範囲で行うことがポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

新年度のこの機会に、お部屋環境の見直しをしませんか? 

1カ所15分程度、平日夜や週末だけでできる“時短”大掃除にトライ!

完璧を目指さず、できるところから掃除を

 大掃除の秘訣は、「完璧を目指さないこと!」と言うのは、家事・収納アドバイザーの本多弘美さん。「完璧を目指すと、まとまった時間が必要です。その結果、忙しい人は、『時間を取れなかった』という理由で、全く大掃除できずに終わってしまうことにも」

 週末や平日の夜に1カ所ずつ、できる範囲で行えば、負担も小さい。リビングからキッチン、水回りまで、短い時間でできる“大掃除”をしてみよう。

“時短大掃除”の秘訣

落とせるところまで落とせばよしと割り切る
コンロの焦げつき、シンクの水アカ…。落ちない汚れに神経質になっていると、次の場所に進めない。「時短掃除では“15分で落ちるところまで”と割り切ることも必要です」
1カ所を集中して行う“ばっかり”家事を
掃除機をかけるだけ、床を拭くだけなど、1つの動作に集中する“ばっかり掃除”がおすすめ。「同じ動作の連続は、道具や姿勢を変えることが少なく、効率的ですよ」
整理、収納、掃除は別のものと考える
整理=整える、収納=物をしまう、掃除=汚れを取り除いてきれいにする、とそれぞれ目的が違う。3つ同時に行うと時間がかかるため、時短掃除ではどれか1つに集中する
個人で掃除しにくいところはプロに依頼する
トイレや風呂場、換気扇などは、思い切って家事代行業社に頼むのも手。「利用する場所や付けるオプションによって価格が変わります。予算をしっかり考えて利用を」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
整理・収納暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ