• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夜の「伸び縮み」で疲れ&むくみとり

2014年1月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

寒い時期になると、体の「むくみ」や「疲れ」がひどくなる人は、肩甲骨と股関節の動きが

悪くなっている可能性が大。この“2大関節”を動かすことが、血流やリンパの巡りを高め、

ダイエットにもいいことが判明!夜の「伸び縮み」習慣で、一生太りにくい体になります。

 年々、やせにくくなってきたという悩みを抱える人には、夜の「伸び縮み」習慣がお薦めだ。

 体を「伸ばす」「縮める」という簡単な動きを繰り返すだけ。肩甲骨と股関節の2つの部位の可動域を高めることで、“疲れない”“むくまない”、さらに“太りにくい体”が手に入る。

 「伸び縮み」の狙いは、運動不足や加齢で体が小さく縮こまるのを防ぐこと。「筋肉は硬く小さくなる“萎縮(いしゅく)”の特性がある。体に萎縮した筋肉が増えるほど、ゆがみや姿勢の崩れ、血流や代謝の低下を招く」というのは、国士舘大学の須藤明治教授。

 大きく伸び縮みできる体だと、日常動作も大きくなり、活動量もアップ。また、「筋伸縮によるポンプ作用で、血液やリンパの流れも高められる」(須藤教授)。

 メソッドは、肩甲骨を中心に「上半身」を動かす、股関節を中心に「下半身」を動かす2タイプ。体幹の刺激にもなる。

太らない体になる
基本の全身伸び縮み

上下の動きだけで手足の先まで血流アップ
基本の伸び縮み

両手を合わせて上下に伸び縮みする簡単メソッド。二の腕、わきの下、胸と背中、股関節前部、骨盤を一気に刺激する。肩甲骨の可動域も広げる。左右どちらかに体が傾かないように。


この人に聞きました
須藤明治教授
国士舘大学 体育学部
須藤明治教授
医学博士・体育学修士。医学とスポーツ科学の両面からアプローチする水中運動指導が専門。著書に『お風呂で5分「アクア・ストレッチ」健康法』(講談社α新書)など多数。
取材・文/池田 悟 写真/岡﨑健志 モデル/殿柿佳奈 スタイリング/中野あずさ(biswa.)
ヘア&メイク/依田陽子 メソッド考案/須藤明治

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティダイエットカラダの悩み・病気メンタルヘルス健康レシピ・食材メイクアップスキンケア健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ