• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラフォーおひとりさまのキャリアチェンジ

2014年1月7日

転職、昇進、専門職を極める…人生を切り開いた人たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

新ジャンルへの転職、多くの部下を抱える管理職への挑戦、自分なりの専門性を極めること…。

自らの軸をしっかり持ち、日々行動しているアラフォーおひとりさまたちの、

キャリアの切り開き方を紹介します

派遣社員からスタートして管理職に
現場経験を生かしてキャリアアップ

KDDI株式会社
カスタマーサービス企画部長
木村奈津子さん(47歳)

Career History
とっておきのひとり時間
海外ドラマ
「海外ドラマを見て楽しんでいます。お気に入りのドラマは『グレイズ・アナトミー』。『ゴシップガール』も好きです」

23歳
ハイアットリージェンシー東京に就職

27歳
岐阜へ移住。
派遣社員として接客などを行う

30歳
日本移動通信(現KDDI)に派遣社員として入社

32歳
同社で正社員に

34歳
中部圏のショップスタッフの教育を担当

36歳
東京本社へ異動。
KDDIデザイニングスタジオ(東京・原宿)初代館長に

42歳
初のフラグシップショップ(名古屋)の店長に

45歳
カスタマーサービス企画部長に

一生懸命やっていたら会社がチャンスをくれた

 東京のホテルのコンシェルジュだった木村奈津子さんは、20代後半でホテルを退職。岐阜県に移り住み、名古屋の人材派遣会社の登録スタッフに。30歳のときに携帯電話会社の派遣社員になり、家電量販店向けの営業を担当。そんななかで携帯電話会社3社の合併があり、日本移動通信(現KDDI)の正社員に採用された。「中部圏を中心に量販店での販売を拡大する担当になりました。チームで営業して回る楽しい仕事でしたね」

 36歳で東京本社の企画部門に配属されたが、当初は毎朝胃痛がするほど仕事に悩んでいたそう。「新しいシステムを考えたことがなく、何をしていいか分からなくて…」。上司は木村さんの現場での経験が生かせるような具体的な指示を出すなどフォロー。次第に仕事のペースがつかめるようになった。

 05年には、東京・原宿にオープンしたKDDIデザイニングスタジオの初代館長に。展示の工夫やイベントの企画で来館者数を増やし、修学旅行の学生も訪れるような人気スポットに成長させた。その後、初のフラグシップショップの店長を経て、今年4月からは東京本社のカスタマーサービス企画部長に。「自分で希望を出したことはないのですが、会社がチャンスを提供してくれました」

 目の前のことを一生懸命やることと、「こうしたら、この人が喜んでくれる」という思いを大切にして仕事に取り組んできたという木村さん。「営業をしていた頃も今も、気持ちは同じ。今後どんな立場になっても、最終的にお客様に喜んでもらえることをしていきたいです」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職働き方お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ