• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性に多いお悩みを、食べて解消!

2013年9月23日

栄養豊富な秋の食べ物を上手に利用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

季節の変わり目に、体調を崩す人も多いのでは?

栄養豊富な秋の食べ物を、お悩み解消に役立てて

バランスのいい食事がすべての基礎になる

 キノコやサツマイモ、サンマに戻りガツオなど、秋は様々な味覚にあふれたシーズン。「旬の食材はどれも栄養価が高く、味もおいしい。体とココロの健康を保ちたいなら、まずは旬の食材を取り入れてみて」と、管理栄養士の藤原美佐さん。今回は旬の食材を中心に、働き女子のお悩みに特に効く食材をピックアップしてもらった。

 「ただし、不調を解決したいからと偏った食材を食べ続けるのは逆効果。大切なのは3食きちんとバランスよく食べること。様々な食材を取ることで栄養素の相互作用が生まれ、効果が高まったり、吸収が良くなったりします」

 自炊が難しいときは、「おかずを買うときの選び方を少し意識してほしい」と藤原さん。例えばイライラしていると感じたら、ミネラルを補給するおからやヒジキのおかずを選んでみる。「ストレスで甘いものが食べたくなったら、質のよいスイーツを少量いただく。ほんの少し視点を変えるだけで、今より体に優しい食生活が送れるようになりますよ」

肩こり

効く食材はコレ!

血行を促進する栄養素で
体を温めるのが改善への道

「肩こり改善のポイントは体を温めて血行を促すこと。ニンニクは、乳酸などの老廃物を代謝するビタミンB1の吸収を高めることで、エネルギー代謝を促し、体を温めます。カボチャは毛細血管の血行を促進するビタミンEが豊富。また、緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンが体内でビタミンAに変わり、ビタミンEの働きを助けます。サケには体を温める作用のある良質なタンパク質が多く含まれ、血行をよくするビタミンEやナイアシン、さらに血液の流れを良くするDHAやEPAも豊富です」(藤原さん)

二日酔い

効く食材はコレ!

シジミのみそ汁は最強!
柿もアルコール分解を促進

「二日酔いはアルコールが肝臓の処理能力を超えたときに起こる症状。シジミには肝機能の働きを高めるタウリンやグリコーゲンが豊富です。みそにも肝臓の解毒作用を助ける効果があり、二日酔いの朝にはシジミのみそ汁がいいといわれるのはこのためです。柿には、渋みの成分シブオールと、アルコールデヒドロゲナーゼという酵素が含まれ、これらがアルコール分解を促進。大根に含まれる消化酵素ジアスターゼや辛み成分も、胃の消化を助け、胸やけを改善します。酵素の働きを生かすには生食がおすすめ」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ