• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“夜トマト”で翌日の美肌力アップ

2013年8月21日

美肌効果を高めるトマトの食べ方を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 トマトの健康効果を高めるには、食べ方にいくつかコツがあることは、前回紹介した通りだが、タイミングもその一つ。「「血中のリコピン濃度は、食べてから8~10時間後に上がるため、夜食べると翌日朝にはリコピンが働いている状態」(稲熊研究員)なので、夜にトマトを食べるといい。

 美肌が目的なら、コラーゲンの合成に必要なビタミンCが多い食材や、抗酸化力の強いスパイス(カレー粉)やワサビなどを一緒にとるのがお薦め。サケのトマトカレーなら、サケの抗酸化成分「アスタキサンチン」の効果も期待できる。

こんな食材と一緒に食べるとさらに美肌力アップ!
ビタミンCが豊富な
ゴーヤー
ジャガイモ
キウイ
赤ピーマン
カロテンが豊富な
レバー
カボチャ
ニンジン
赤ピーマン
抗酸化作用の強い
サケ
ターメリック
ワサビ
黒ゴマ
ビタミンEが豊富な
カボチャ
ツナ
ピーナツ
アーモンド

オーブントースターで丸ごと焼くだけ
焼きトマトのアンチョビパセリソース

 
材料(2人分)
トマト………中2個
アンチョビフィレ………2~3本(10g)
オリーブオイル………大さじ2
レモン果汁………大さじ2
パセリ………1枝(10g)
アーモンドスライス
(ローストしたもの)………適量
 
作り方
1. トマトはへたをくりぬき、皮に放射状に深く切りこみを入れ、アルミホイルにのせてオーブントースターで15分、焼き色がつくまで焼く。
2. アンチョビを刻んでボウルに入れ、オリーブオイル、レモン果汁、刻んだパセリを混ぜ、1にのせてアーモンドスライスを散らす。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ