• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食べて痩せる素朴な疑問

2013年7月29日

食べないほうがよい食材は?リバウンドしない方法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「食べない」ダイエットばかり続けていると、脂肪が燃えにくい体質に陥る可能性が!?

足りない栄養素を補う「プラス思考」の食生活で、ヤセ体質になろう!

Q. ヤセやすい食べ方はありますか?

A. 最初に汁物で胃腸を温めましょう

夏でも冷房で体が冷えていることが多いので、まずは胃腸をウォーミングアップ。最初に温かい汁物を。次に野菜のおかず、それからメインの肉や魚でたんぱく質を。ご飯は最後に、よく噛んでしっかり食べよう

Q. ダイエットのとき、食べないほうがよい食材を教えてください

A. 体に悪い人工的な油や甘味料は避けて

質の悪い「トランス脂肪酸」が多い、ショートニングやマーガリンを含む食品は避けて。原材料名の確認を。また、人工甘味料は、体が糖を欲しているときにとっても脳が満足せず、食欲が暴走してしまう。乳製品と小麦製品もとりすぎないようにしよう

Q. リバウンドしない方法を教えてください

A. 目標体重に達してから3カ月が勝負

食べないダイエットでは、体が危機感を持ってしまうのでリバウンドしやすい。きちんと「食べる」ダイエットで栄養不足を防ぐこと。また、目標体重キープのためには、目標達成から3カ月間はその体形に順応する期間だと考えて、気を抜かないように

Q. ショウガや唐辛子は代謝アップに役立ちますか?

A. 瞬間的に体温アップ! ぜひ使って

辛みのあるスパイスやショウガは、持続的に体を温める効果はないが、瞬間的には体温アップ効果がある。味噌汁に七味唐辛子、豆腐にショウガを添えてみよう。唐辛子と酢の代謝アップ食品を発酵させたタバスコソースもおすすめ

ダイエットにおすすめの調味料
ショウガ・コショウ・唐辛子・シナモン・タバスコ・酢

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康レシピ・食材健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ