• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「酢」「シナモン」で代謝UP&夏冷え解消

2013年8月2日

血流改善食材を上手に活用して、冷え知らずの夏美人に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

夏の巡りアップ生活のためには、血流促進作用の高い食材を積極的にとること。

お薦めは、「ショウガ」「酢」「シナモン」の三つの「血流改善食材」だ。

 ショウガやシナモンは、体を温める食事を推奨する漢方でも生薬として使われている食材。「シナモンは、のぼせを鎮めて上半身と下半身の巡りのバランスを整えるといわれている」(南雲院長)。ほかにも、クコの実などスーパーで買える漢方食材を上手に取り入れたい。クコの実や高麗人参(こうらいにんじん)は体を温め、エネルギーを補う生薬。サンザシやナツメも血流をよくして冷えを改善してくれる。

 また、お茶なら「プーアル茶など発酵茶は体を冷やしにくい」と南雲院長はアドバイスする。トマト、タマネギ、青魚といった血液サラサラ食材もいい。

 夏は巡りがよくなる食材をおいしく食べて、疲れにくく、太りにくい体を手に入れよう。

血流改善食材2

血液をサラサラにして疲れにくい体に!
血液ドロドロの一因、カルシウムイオンと結合して、サラサラ血液をつくるのがクエン酸や酢酸といった酸味成分。乳酸の代謝を促して、疲れにくい体質に近づけるので夏バテ防止にも効果的。

お薦めの食べ方

大さじ1杯程度を料理に加えて一度沸騰させると酸味がまろやかに
1日大さじ1杯程度を目安に、米酢のほか、黒酢やリンゴ酢など好みの酢を料理に加えて。一度沸騰させると酸味がマイルドに。食前の摂取で糖吸収が穏やかに。

酢を摂取すると脂肪が燃える!
1日当たり15mlの食酢摂取を12週間継続したときの内臓脂肪と皮下脂肪の変化量を測定した結果、内臓脂肪量も、内臓脂肪と皮下脂肪を合わせた総脂肪量も、プラセボ(偽の酢)に対し有意に減少した。
(データ:Biosci Biotechnol Biochem;73(8),1837-43,2009)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ