• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

こんなサインに注意!巡りアップで夏美人に

2013年7月31日

夏の不調を招く生活習慣&巡りアップの生活習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

本格的な夏も間近。暑くなるこの時期に、体調を崩しやすかったり、ダイエットがうまくいかないとしたら、

それは夏特有の冷えによって血の巡りが悪くなり、自律神経が乱れているのが原因かも。

“巡り”をアップする食材や生活習慣を取り入れて、夏美人をめざそう。

足首やお腹を触ると冷たく感じる
むくみがある
汗が出にくいと感じる
時々、汗が急にドバッと出る
何となくいつも体がだるい
お通じが悪く、便秘がち
胃もたれしやすく、食欲があまりない

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

一つでも当てはまれば、体内の血の巡り、水分代謝が滞っているサイン。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 「夏が近づくと、体が何となくだるくなる」「むくみや冷えがひどくなる」……そんな不調を感じる女性は少なくない。

 目黒西口クリニック(東京都品川区)の南雲久美子院長によると、その原因の多くが「夏冷え」。寒さや乾燥によって手足から冷える秋冬の冷えと違って、冷たいもののとり過ぎなどで胃腸から冷えるのが夏冷えの特徴。「体の中心部が冷えることで全身の血流が滞り、疲れやむくみ、肌荒れなどの原因に。代謝が下がるので太りやすくもなってしまう」(南雲院長)。

 また、暑い屋外とエアコンの利いた屋内の行き来が、汗腺を過剰に働かせて自律神経のバランスが乱れ、頭痛やめまい、便秘などの不調を訴える女性が増えるという。実際、7割近くの女性が夏冷えを感じ、冷え以外にも不調があると答えている(下記のグラフ参照)。

20~40代の働く女性300人を対象に行った調査で、68.7%が「夏に冷えを感じる」と回答。同調査の別の回答で、冷え以外に感じる不調として「疲れ・だるさ」「肩こり」「脚のむくみ」「頭痛」「食欲不振」が挙がった。
(データ:血めぐり研究会)

 対策としては、まず血流を促進して全身の巡りをよくする食品を積極的にとること。そして、服装はじめ体を冷やしすぎない習慣を心がけること。「夏冷えを解消する対策をしっかりしておくと、秋以降も元気に過ごせる」と南雲院長。夏こそ血の巡りをよくする生活を実践して、元気&キレイに!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ