• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人間関係を見直して心地良い状態に

2013年5月23日

自分にとって本当に必要な関係を見極める

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

モヤモヤの大半は人間関係に起因するもの。自分がなんとなくストレスを感じてしまう相手や、

自分の中の潜在意識を洗い出してみることで、人との関係はもっとラクになっていく

相手との適度な距離感を自分でコントロールする

 人間関係を心地よくするには、モノを見直すときと同じように、自分にとって本当に必要な関係を見極めていくことが必要だ。

 「無理をしてまで、すべての人間関係を維持することは、決して相手を大切にしていることにはなりません。『嫌われるのが怖いから、とりあえずつながっておく』という態度では、結局は表面的な関係しか築けないのです」(川畑さん)

 出会いの機会は年を重ねるほど増える。その時々で必要な関係とそうでない関係とを整理していかないと、自分の時間やエネルギーが奪われ、いつしかストレスが積み重なってしまう。

 では、実際にどのように関係を整理すればいいのか。川畑さんが提唱するのは、身の回りから「快」「不快」に感じる人をリストアップしていく方法だ。

 「快・不快のセンサーは誰もが本能的に持っています。会ったり話したりしていて心地いいと思える人、パワーをもらえる人は『快』へ。そうした人は自己肯定感を高めてくれる相手なので、一緒にいる時間を意識的に長くし、頻繁にコンタクトを取るようにするといいでしょう」

 反対に、一緒にいて嫌な気分になる人、自分らしく振る舞えない人とは、接する機会を減らすように努めてみよう。

 「『相手を不快にしたくない』という思いが、余計に接触頻度を高めてしまうことになる。まずは『自分はこの人を不快に感じている』と認識すること。その上で、会う機会を減らし、電話も手短かに済ますなどの対応をすれば、よほど鈍感な相手でない限り、こちらの意図を察して自然に離れてくれるでしょう」

 仕事相手など、付き合いを断ち切れない場合も、仕事に必要な接触のみに抑えることはできる。相手に振り回されず、距離感を自分でコントロールする姿勢を取ることで、ストレスは軽減されていくはずだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルス整理・収納暮らし方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ