あなたを苦しめている原因は、実はあなた自身の思い込みにあるのかも。

普段、当たり前のように考えていることを検証し、自分の足かせになっていないかチェックしてみよう

自分を苦しめている思い込みを上手に手放す

 不要なモノを捨て、必要で快適なモノと入れ替えていく断捨離のプロセスは、「思考のクセ」を直していくのにも有効な手段。日頃から口にしている言葉や、当然のように抱いている考えを見直すことで、心の詰まりの原因が浮き彫りになる。

 例えば、他人の顔色を気にしてしまうためにNOと言えず、なんでも引き受けてしまう人。そうした人は「素の自分には価値がない。だから、いい人じゃないといけない」という強迫観念を抱いているケースが多い。

 「たとえ至らない部分があっても、価値のない人間はいません。『私は私なりの魅力を備えているんだ』と自分の価値を認めてあげることが大切。自分の価値観で物事を判断できれば、仮に相手が感情を害しても、『相手の怒りは相手の心の問題』と思えるでしょう」(川畑さん)

 また「~するべき」「絶対に~」という言葉を頻繁に口にする人は、完璧主義が苦しみの原因になっている可能性も高い。

 「こうした口グセを持つ人は、思い通りに物事が進まなければ問題が起こると思い込んでいる。でも実際には、取り返しのつかないことはまずないし、なんとかなってしまう。『思い通りにいかなくても、私には対応できる能力がある』と信じれば、思い込みから離れられます」

 とはいえ、長年抱いていた考え方を急に変えるのは難しい。そうした場合に川畑さんがすすめるのが、「5つの質問」を通じて考えの偏りを修正する方法だ。「思い込みに対して下の5つの質問をぶつけてみて、NOと言えるなら、それはしがみつく必要のない、手放すべき考え。無意識の思い込みから解放されれば、心がラクになります」