• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

困った職場の男性への鉄板フレーズ

2013年3月26日

苦手な人との対話ほど、自分を成長させるチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

毎日の仕事を気持ちよく円滑に進めるためには人間関係を良好に保つことも必要。

苦手な人やシチュエーションに対応できる最強の日本語を紹介します!

相手の個性を受け入れ自分を成長させる機会に

 職種や立場にかかわらず、「この人、ちょっと苦手かも…」と感じる相手はいるもの。苦手意識があると仕事を進める上でもマイナスだ。どうしたら上手にコミュニケーションを取れる?

 「苦手に感じる原因の大半は、自分とは異なる価値観を相手が持っているという点。まずは先入観を捨てて、相手に合わせた言葉選びや話し方をすることです」とは、接客アドバイザーの北山節子さん。相手の個性を受け止める力を養うことは、将来、どんな職場でも自分の戦力になるという。相手のマイナス面をプラスに転化して考えるようにするのも効果的だ。「例えば『うるさい人』は『パワフルな人』、『神経質な人』は『よく気が付く人』というように」

 苦手な人との対話ほど、自分を成長させるチャンス。自己鍛錬の場だと思って挑戦してみて。

困った■男性上司・先輩編

自信ナシタイプ

物事を自分で決めることができず、判断を先送りしがち。前例がないことにも挑戦したがらない

相手に選択肢を与えて答えやすくする

多少頼りなくても、仕事を学ばせてもらう上司や先輩として、敬意を表すのは必須。「『○○さんのご意見を伺いたいです』という姿勢は忘れずに。心からそう思えば、自然に相手が話しやすくなるような言葉で提案できるはずです」

おせっかいタイプ

仕事を部下に任せられず、すぐに「あの件、どうなった?」と逐一報告を迫る。指示も細かい

自分からマメに報告して安心させる

仕事の基本である「ホウ(報告)レン(連絡)ソウ(相談)」を怠っていないのに催促されるなら、相手の求めに応じ切れていない可能性を考える必要もある。「相手の満足度を確認する意味でも、一度、『報告が多すぎる』と指摘されるまで逐一報告してみては?」

ハラスメントタイプ

部下へのセクハラ、モラハラを平気で行い、その自覚がない。理不尽で常識に欠ける発言も目立つ

人を巻き込むなどして相手を増長させない

たとえ人柄に疑問を感じることがあっても、上司や先輩である限り、存在は絶対的。とはいえ、明らかなセクハラやパワハラには毅然とした態度と言葉で臨みたい。「ストレートに不快感を示す、誘われたら第三者を間に入れてかわすなど、相手を増長させない工夫を」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ