• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

太りにくくするストレッチと若さを取り戻すヨガ

2013年3月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

体調を整えて太りにくくする
ストレッチ

筋肉を伸ばす──たったそれだけで肩こりが軽くなり、太りにくくなると大人気のストレッチ。
私たちにとって、最も手軽なメンテナンス法だ。
そんなストレッチがなぜ必要なのか、効果アップの秘訣とともに紹介しよう。

 特定の筋肉をじんわりと伸ばすストレッチは、そもそも運動時のケガ予防のために米国で開発された。だが、今や「筋肉」を良い状態にし、体調を手軽に整えるための効率的なケア法という位置付けになっている。

 それは、今の私たちには、筋肉を硬く伸びにくくする要因が多いためだ。

 要因の一つは、パソコンの普及で、長時間同じ姿勢で座り続けること。その結果、肩や腰など一部の筋肉は硬くこわばり、凝る。「凝って血行が悪くなった筋肉は、疲労関連物質が排出されにくいため、だるさや痛みを生じさせる」と、国際武道大学の山本利春教授は話す。

 また、女性のコンディショニングに詳しい理学療法士の石井美和子さんは、「女性の場合、合わないブラジャーやガードルが原因で、一部の筋肉の動きが制限され、硬くなっているケースも多い」という。ストレッチは、これらの要因で硬くなった筋肉をほぐし、柔軟に保つ。

 また年齢という要因もある。「加齢とともに体の柔軟性は低下する」(酪農学園大学の山口太一准教授)が、ストレッチはこれを防いでくれる。

ストレッチの5大効果

1.代謝を維持してダイエット
2.体の柔軟性を高める、保つ
3.加齢による筋量減少を防ぐ
4.疲労の回復を早める
5.肩や腰の凝りを改善

Profile
山口太一准教授
酪農学園大学
農食環境学群 食と健康学類

山口太一准教授
北海道大学大学院教育学研究科修了。日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者。専門は、体力科学、運動生理学。「ストレッチは柔軟性を高めるだけでなく、健康の保持や増進にも役立ちます」。

石井美和子
フィジオリンク代表
理学療法士

石井美和子さん
病院勤務後、リハビリテーション・アドバイザーとして、女性の身体特性とアライメントをテーマにコンディショニングを行う。「ストレッチを続けると、姿勢も変わります」。http://www.physiolink.jp

山本利春教授
国際武道大学体育学部
同大学院

山本利春教授
コンディショニング科学、同専門家の育成が専門。順天堂大学体育学部及び大学院修了。医学博士。著書に『いちばんよくわかるストレッチの教科書』(新星出版社)など。「柔らかさを人と競おうとせずに、ストレッチしてください」。

ストレスを消し若さを取り戻す
ヨガ

ストレッチよりもポーズが複雑で、体が硬いのでちょっと……と、敬遠しがちなヨガ。
しかし、その一方で、ヨガを続けていると、若返ったり、気持ちが前向きになったりするという。
今、科学的な検証も進むヨガの秘密とは?

 “老化時計”がゆっくりになる──とも表現されるヨガ。実際、ヨガを続けている女性の若々しさに驚いた人も多いはずだ。では、ストレッチとヨガはなにが違うのか。「ストレッチがヨガをヒントに開発されたことからも分かるように、ヨガには、筋肉を伸ばすストレッチの要素が含まれる。ただ、大きな違いは、ヨガは、特定の筋肉だけに働きかけるのではなく、体全体、そして心にアプローチする点だ」というのは、理学療法士で、ヨガインストラクターの中村尚人さん。科学的な研究でも、肩こりや腰痛改善のほか、うつやストレス性の不調を改善するなど、多彩な“効用”がわかっている。

 その背景には、交感神経を活発にするポーズと、脱力してあおむけで寝る「しかばねのポーズ(シャバアサナ)」に代表される、副交感神経に働きかけるポーズを繰り返し交互に行うという特徴がある。これによって自律神経が調整される。

ヨガの5大効果

1.アンチエイジング
2.ストレス性の不調を緩和
3.気持ちを前向きにする
4.肩や腰の痛みを和らげる
5.ゆがみが改善する

Profile
中村尚人さん
タクトエイト主宰
ヨガインストラクター

中村尚人さん
理学療法士として、大学病院やクリニックなどでリハビリテーションに従事。その後、ヨガのインストラクターとなり、ヨガの解剖学の講師も務める。著書に『ヨーガでゆがみを探して、調整する』(BABジャパン)など。

上馬塲和夫教授
帝京平成大学
東洋医学研究所

上馬塲和夫教授
医師、日本アーユルヴェーダ協会理事長。広島大学医学部卒業後、北里研究所、富山県国際伝統医学センター長などを経て現職。日本のアーユルヴェーダ研究の第一人者。ヨガとアーユルヴェーダの実践歴25年。

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

取材・文/白澤淳子、西山裕子(編集部) 写真/岡﨑健志 スタイリング/中野あずさ(biswa.)
ヘア&メイク/依田陽子 モデル/Avi

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティダイエットカラダの悩み・病気メンタルヘルス健康レシピ・食材メイクアップスキンケア健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ