• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ひとり暮らし女性のこだわり部屋を拝見!

2013年2月7日

ひとりの時間を充実させるためのお部屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経WOMAN3月号では『ひとり時間で私を癒やす』というタイトルの特集を掲載!このなかではたくさんのひとり時間上手の女性たちに登場してもらい、すてきな過ごし方について伺いました。

 また、ひとり時間を充実させるためのひとり部屋もご紹介。今回は、北欧テイストにこだわった読者さんのお部屋をご紹介します。

南京子さん(語学講師・翻訳)
シックなスカンジナビアンスタイルを演出

 京都市出身の南京子さんは、留学などでデンマーク生活を経験。現在は大阪府内のマンションで英語・フランス語・デンマーク語の語学教室を開きながら、翻訳業を手掛けています。「家の中で過ごす時間が長いので、くつろげる空間を作りたくて」というインテリアのテーマは黒を基調にしたシックなスカンジナビアンスタイル。北欧で学んだインテリアの極意を取り入れたこだわりのお部屋です。

黒いラインが入ったガラステーブル

 一番気に入っているのは、黒を基調にしたリビングスペース。その中心にあるガラステーブルは日本の家具店で偶然出会ったもの。「テーブルの中央にクロスを敷いたような黒いラインが入っているデザインに惹かれました。椅子4脚とセットで8万円くらい。高価なものではないんですが、思い描いていた部屋のイメージにぴったりで即決しました」

 たとえ自分ひとりのときでも、このテーブルにお気に入りの食器とナプキン、グラスをセットして食事のひとときを楽しんでいるそうです。

シンプルなデザインの雑貨でテーブルを演出

 ガラステーブルの上に置いているのは、コペンハーゲンで購入したジョージ・ジェンセンのキャンドルホルダーとスウェーデンのフルーツホルダー。黒に映えるシルバーが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

 「このキャンドルホルダーを選んだのは、独特の曲線美が自分の感性とマッチしているように思えたから。インテリアグッズは、必ず置く場所を決めてから買います。それがモノを増やさないコツでもあるんですよ」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方キャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ