• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

1日1分 顔ツボストレッチ

2013年2月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

年齢とともに気になってくる顔のたるみやシワ、くすみ。

そんなエイジングポイントを1日1分の顔ツボストレッチで解消しよう!

読者モニターも実感した驚きの効果を試してみて!

 女性のエイジングの特徴は、なんといってもたるみとシワ。例えば、若い女性の顔に、ほうれい線を描き足せば、あっという間に老け顔になる。一方、仕事でストレスが多い“オトコ前女性”は眉間にシワが寄りやすく、男性的なエイジングに注意が必要だ。

 シワやたるみは、皮膚を支える筋肉がゆるんで起こると思いがちだが、「実は、その反対。筋肉が硬くなり、弾力を失っていることが原因」と、美容鍼灸マッサージ師で、顔ツボストレッチの考案者の上田隆勇さん。

 「顔の皮膚や皮下組織は、筋肉が弾力を失うことで、重力に負けて下がる。使わない筋肉ほど硬くなるため、ほお、目の下、あごにたるみやシワが出やすい」のだという。

 気になるポイントを効果的にほぐしてくれるのが顔ツボストレッチ。筋肉の働きを活性化させるツボを刺激することで、リフトアップ力が強化されるという。「筋肉が本来の弾力を取り戻すと、シワやたるみが改善。血流も高まるため、くすみをとる効果も期待できる」(上田さん)。

 ストレッチ+ツボ押しのダブルの刺激で筋肉のハリを取り戻し、エイジング顔を解消しよう。

一般的な女性のエイジングの特徴は?


1■口元のほうれい線
筋肉が硬くなって肌のハリを失い、ほおの重みを支えられなくなり、ほうれい線が現れる。

2■目の下のたるみ
まぶたの筋肉が硬くなって腱が伸び、その重みで目の下の脂肪が押されることが原因。

3■フェイスラインのたるみ
あごの筋肉が首のまわりを引き上げられなくなることで、フェイスラインがたるむ。

1■まずは第一の老け見えポイント
ほうれい線を薄くする

この人に聞きました
上田隆勇
美容鍼灸マッサージ師/
美容鍼灸専門サロンブレア元町院長

上田隆勇さん
アンチエイジング法としてハリウッドセレブにも人気の美容鍼灸のツボ刺激と、筋肉をゆるめる技を融合させた「顔ツボストレッチ」の考案者。悩める女性、そして皮膚科医からの信頼も厚い。「顔ツボストレッチを1分、毎日続けることで、週に1回の美容鍼灸と同じ効果が期待できる。ぜひ続けてみて」。

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

取材・文/海老根祐子 写真/鈴木 宏 ヘア&メイク/依田陽子 スタイリング/Nine Lives モデル/住谷愛実 メソッド指導/上田隆勇 構成/村上富美

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティダイエットカラダの悩み・病気メンタルヘルス健康レシピ・食材メイクアップスキンケア健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ