• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今年のバレンタインは「直前週末」を狙え!

2013年2月1日

ショコラティエと呼ばれる神々のチョコレート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

2013年のバレンタインデーは木曜日。

ノー残業デーでも、休日前でもない「もろ平日」では、いまいちデートが盛り上がらない。

本命男子にアタックするなら、まずは直前の3連休をがっちりおさえる。

そしてバレンタイン当日にトドメを刺そう。

働き女子は「お仕事チョコ」「友チョコ」「ファミチョコ」だって手を抜かない。

その傾向と対策を、今年も「おやつ中毒ライター」竹島ぽてちがチョコまみれになりながらお伝えします。

 1月30日の記事で「今年の本命男子は直前3連休で“おうちデート”だ」と書いた。しかし、「母という名のライバルが超強腕」「シスコンの弟が落とし穴を掘っている」「趣味で集めたトーテムポールで部屋が埋まっている」など、“なんらか”の特殊事情で「おうちデートは無理」という人もいるだろう。そんな「おうちNG女子」に手を差し伸べてくれるのがショコラティエと呼ばれる神々だ。

おそとデートなら名門ショコラティエのイートイン

 有名ショコラティエの直営ショップにあるバーやカフェ、つまりイートイン・スペースには「店からは持ち出せない」秘宝のようなデセールが用意されている。私は某カフェのパフェが美味過ぎて「おかわり!」と、立て続けに2杯食べたことがある。半端なチョコパフェだと半分ぐらい食べたら「もういいや」な感じになるのに、良い材料を使った旨いパフェだとスルスルと体に入ってしまう。チョコ大量摂取にも関わらず、食後ももたれない。「一粒入魂」のボンボンショコラも素晴らしいが、1枚の皿が舞台のデセールは、作り手のクリエイティビティが踊る小宇宙だ、同じ時代に生まれ、その一皿を味わえる幸福に感謝しつつ食したい。

 ただし、チョコレートの専門店にとってバレンタインデー直前の数日間は、まさに「戦争」。カフェをクローズして販売に専念していることも多いので、営業スケジュールのチェックは入念に。万が一「NGだった」場合に備えて、代案を立てておくのもデキる女の条件。

ピエール・エルメ・パリ 青山

ショコラ エ エモーション
グルマンド
1890円

バー・ショコラのためにピエール・エルメ氏が考案した最新作は、刻々と変化する味と食感が魅力。バニラ風味のマスカルポーネクリームやビスキュイ、カラメルアイスクリームなどで仕上げられた球体に、温かいチョコレートソースをトロリとかけてもらう。ひとさじの天国。

http://www.pierreherme.co.jp/
●渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山1F(バー・ショコラは2F)
●03-5485-7766
●12:00~20:00(L.O.19:30)
※11日(祝)はバーコーナーをクローズする予定。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み旅行・お出かけライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ