• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「困った男子」の対処法【プライベート編】

2012年12月28日

ビジネスシーンはそれなりなのにオフ時間は豹変!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

どこにでも“困った人”はいるものだけれど、男性となると、とりわけ接し方が難しい…。

男性の本音や心理から対処法を探ってみましょう。

プ ラ イ ベ ー ト 編

 ビジネスシーンではそれなりでも、オフの時間になると豹変する…。こんな「困った君」は身近にいませんか?

困った!
鈍感なタイプ

 プライドを傷つけないように気を使って遠回しの表現で伝えているのに、察しが悪くて、こちらの真意が全く伝わらない鈍感な男子。先日の飲み会でも「ほら、明日は会議があるしさ…」とさりげなく二次会を断ってみても、「大丈夫! まだ電車あるよね(笑)」と強引に連行されてしまう。(29歳・医療・教育)

対処法
要望は言葉にしないと相手に伝わらない

 「分かってくれないと嘆くよりは、自分の要望をそのまま伝えるほうが楽。遠回しはやめましょう」(森田さん)。

NG フレーズ 「あまり調子がよくないような…」
OK フレーズ 「明日は早いので帰ります!」

困った!
押しの弱いタイプ

 好意は伝わってきているのに、その先を躊躇する男子。「飲みに行こう」という誘いに乗っても、告白されるなどの進展はなし。こちらからのアプローチを待っているのか、単なる茶飲み友達要員なのか。後者だとしたら、これまでに何度も2人で出かけているのにどういうつもりだろう?(28歳・メーカー・開発)

対処法
相手の真意を測るにはこちらから本音を伝えるのが早道

 「自分の恋愛観や結婚観を相手に伝え、話し合う機会を設けることも必要。ただし、プレッシャーをかけない程度にとどめて」(森田さん)

NG フレーズ 「一体、どう思っているの?」
OK フレーズ 「私はこんなふうに思っているよ」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術恋愛・結婚人間関係の悩みライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ